有名な演出家

日本には才能豊かな多くの演出家がいますので、注目してたくさんの作品を観ることはとても重要です。

作品を鑑賞する際、ついつい役者に目が行きがちですが、誰が演出しているのかに注目してみるべきでしょう。有名な演出家を知り、作品を研究することも重要です。

最も有名な演出家…つかこうへい

数々の賞を受賞し、2007年には紫綬褒章も受章。2010年に亡くなったつかこうへいは日本国内で最も成功した演出家の一人といってよいでしょう。

大学時代から演出家としての活動をスタートし、既にその頃から才能を開花させていた人物です。

1970年代から『つかブーム』が起き、演劇界だけでなく、一般人でもでは知らない人はいない存在となりました。

劇作家・脚本家としても活躍したつかこうへいは、1981年に小説『蒲田行進曲』を発表し、同作で直木賞を受賞。同作品の映画化の際には脚本も手がけ、第6回日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞。

主に舞台での演出で活躍し、彼によって演出指導を受けた俳優は風間杜夫、松坂慶子を始め、本格的な舞台俳優からアイドルまで数え切れないほどの人数になります。

2000年代まで第一線で活躍し続けたのには、才能はもちろんのこと多大なる人望があったからこそなのでしょう。

80歳を目前に、今もなお現役で活躍中…蜷川幸雄

今年で80歳を迎える蜷川幸雄。現在も第一線で活躍し続けている演出家で、つかこうへい同様に絶大な知名度を誇ります。

数多くの舞台作品を手掛け、そのジャンルは現代劇からシェイクスピアなど多岐にわたります。

いずれも斬新で独特なヴィジュアルイメージが特徴的で、その作品は海外でも高く評価され「世界のニナガワ」と呼ばれるほど。

舞台俳優出身の彼は、一説によると「物が飛んでくる」ほど厳しい演技指導でも知られる人物ですが、その厳しさも良い作品を創り上げるため。

周りだけでなく、自分にも厳しく、ひたむきに情熱をかたむけるその姿勢は数多くの役者から支持されています。

当然その活躍は舞台だけにとどまらず、映画やテレビの演出にもたずさわっています。そして何より、舞台俳優の過去を活かして俳優として多くの作品に出演しています。