映画監督の仕事内容

映画監督は作品を制作する上での最高責任者

映画監督は映画を撮影する上ですべての決定権を持つ最高責任者です。

「どのような場所で撮影を行うか?」「キャスティングはどうするか」などの準備の段階〜実際の撮影が終了するまで、すべてに責任を持ち作品を作りあげて行くのが仕事です。

映画監督の仕事は、主に脚本ができたところから始まります。中には、企画の立ち上がりから関わる監督もいます。

脚本家と幾度に渡る打ち合わせを重ねたり、監督自らが脚本を兼任して作品の全てを手掛ける場合もあります。

映画監督の重要な役割は、作品に関わる全ての人の先頭に立って指揮をとることです。俳優・カメラマン・音声・美術・衣装など作品に関わるすべてのスタッフの意見をまとめて、決定していきます。

一つひとつのシーンを通して俳優への演技指導はもちろん、作品全体の方向性がぶれないように軌道修正していくのも重要な仕事です。

つまり作品が成功するかどうかは、監督の手腕に託されたといってもよいでしょう。

どんなに素晴らしい脚本でも、監督の力不足によってその良さが活かされなかったということはよくあります。

華やかなイメージがある一方、実際は地道で過酷な仕事

映画監督という職業に対して、華やかなイメージをお持ちの方も多いでしょう。

たしかに、才能ある人だけがなれるステータスの高い職業です。

しかしながら、実際は体力的、精神的に過酷な仕事だということも忘れてはなりません。なぜなら映画監督は、作品・俳優・スタッフへの責任を一人で背負うことになるからです。

ですからどんなにつらくても、困難にぶち当たろうとも逃げ出すことはできません。

そこで一つ、映画監督の体力面での苦労についてお話しましょう。

俳優なら、自分の出るシーン以外は撮影現場にいる必要はほとんどありません。けれども、監督は最初〜最後までずっと現場に居続けなくてはなりません。

なぜなら撮影現場に監督がいなければ、撮影は不可能になるからです。それほど映画監督は大きな存在なので、制作期間中は自由な時間はありません。

責任の重い仕事

きっと映画好きな人なら、一度は映画監督に憧れたことでしょう。

ですが、憧れだけではなれない大変な仕事です。責任の重さが大きく、精神的にも体力的にもとても大変な職業といえるでしょう。

しかしながら『作品=監督のもの』という社会的な認識もあることから、やり遂げた時の達成感は何ものにも代えがたいものになります。