ブリーダーに向いている人、適性

誠実である人

ブリーダーは、動物にも人間に対しても、誠実であることが求められます。

ブリーダーが飼う動物は、毎日きちんと餌を与えなければ死んでしまいます。たとえ困っていても「こうしてほしい」と訴えることもできません。

だからこそ、ブリーダーは動物のことを本気で思いやれなければなりません。自分勝手に行動したり、自分の都合で動物をないがしろにしてしまうような人は、ブリーダーには向いていないでしょう。

また、ブリーダーはペットショップなどの販売業者や飼い主となる人と交渉したり、コミュニケーションをとる機会も多くなります。

自分が育てた動物の将来の世話をしてくれる人に対し、「売りっぱなし」ではなくきちんとアフターフォローを行うなど、誠実に向き合おうとすることが大切です。

お金は関係なく、動物に愛情を注げる人

現実的な話をすると、ブリーダーは一部のトップブリーダーを除いて、あまり儲かる仕事ではありません。

なぜなら、動物の繁殖を手掛けるには、餌代、ワクチン代、出産費、定期健診代、ケア用品代など、多額の経費がかかってしまうからです。

売上から経費を引くと、手元に残るのはほんのわずかということもあり得ます。

そのような現実に直面し、とにかく目先の売上だけを追い求め、乱繁殖を繰り返す悪質なブリーダーも一部にはいます。

しかし、経費削減のために血統を意識せず、不潔な環境やストレスの多い環境で育てた動物は、遺伝子の問題などのトラブルを引き起こしかねません。

すぐに良い結果が出なくても、責任を持って動物の面倒を見続けることが必要です。

積極的に行動し、正しい情報を集められる人

ブリーダーは個人で活躍する人が多い仕事であるため、他の職業のように一般的な学校を出て、企業に就職して、という道を進むのが難しいところがあります。

人が人にスキルやノウハウを受け継いでいく「閉ざされた世界」という一面もあります。

ですので、もしどうしてもブリーダーになりたいと考える場合は、積極的に情報を集め、実際にブリーダーとして働く人の姿を見たり、話を聞いたほうがよいでしょう。

ブリーダーが集まるドッグショーに参加してみるのもよいかもしれません。

立派なブリーダーになるためには、常に動物に関する知識を深めていく姿勢が不可欠です。受け身ではなく、積極的に行動できる人のほうが向いているといえます。