独学で造園施工管理技士に合格できる?

独学で合格している人もいる

造園施工管理技士試験は、特別な学校やスクールに通っていなければ受験できないものではありません。

学歴や実務経験で組み合わされた受験資格を満たしていれば、どのような人でも受験することが可能です。

したがって、造園施工管理技士の試験対策は独学で行うことも可能であり、実際に1級も2級も独学で合格を果たしている人もいます。

この試験は基本的に、1次試験・2次試験ともに「60%以上」の正解率を達成すれば合格することができるとされているため、試験範囲を事前によく把握したうえで対策すれば合格は近づくでしょう。

試験の対策方法

造園施工管理技士は学科の1次試験と、実地の2次試験があり、それぞれの対策が必要になります。

市販されている参考書や問題集も、学科と実地それぞれを対策できるものが複数あるため、よく確認してから自分にとって使いやすそうなものを購入することをおすすめします。

とくに学科試験に比べて、実地試験は合格率が低くなりやすいため、過去問題を解きながらしっかり対策しておくことが重要です。

独学で勉強するポイントは、インターネット上にもたくさん情報が出ています。

実際に合格した人の独学体験記などを参考にしながら、自分に合う勉強法を見つけていくとよいでしょう。

独学の注意点

造園施工管理技士試験は、公共工事に寄った内容も多く出題されています。

実務経験を持つ人が受験する資格試験であることから、そこまで特別な勉強をせずとも対応できると考えられがちですが、個人に対して仕事をしている人の場合、事前に対策しておかないと答えられない問題も出てくるという点には注意が必要です。

また、仕事をしながらの試験勉強になる人が多いため、スクールなどを活用する場合と異なり、日々の忙しさの中で自分でスケジュールを立てて計画的に勉強を続けることにも意外と苦労するかもしれません。