溶接工の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

溶接工を目指すきっかけで多いものは?

溶接工を目指すきっかけで多いものは「ものづくりが好き」「手に職をつけたい」というささいな気持ちです。

規模の大きい工場や企業に就職した場合は、研修の成果や適性から人員が配置されるため、まったく未経験から溶接をはじめたという人も少なくありません。

溶接工の志望動機の考え方

この仕事はハードな肉体労働を伴うことや危険と隣り合わせであることでも知られており、せっかく就職しても一人前になる前に離職してしまう人も珍しくありません。

就職試験では「やる気や根性があるかどうか」をしっかりチェックされるので、熱意が伝わるような志望動機を述べられるように準備しておきましょう。

ものづくりへの興味や適性をアピールできるものや、専門性の高い職業ならではのやりがいについて語るのもよいでしょう。

また、企業によって溶接の手法や携わる製品が異なるので、というようにやりたい仕事について明確に語ると説得力があります。

溶接工の志望動機の例文×3

ものづくりが好きな人の志望動機

「幼い頃からものづくりが大好きで、中学の自由研究では半田ごてを使った電子工作をしました。

細かい作業を積み重ねながら作品を完成させることの難しさと面白さに気付き、将来は製造業に携わりたいと思うようになりました。

御社で溶接工として活躍し、自分の手でものを作りだし、お客さまを喜ばせたいです。」

企業の特徴を生かした志望動機

「もともと自動車が好きなので御社で働くことを目標にしていました。

高校で溶接を学び、よりこの技術を高めて御社に貢献していきたいと思い、自動車関連の部材の溶接に携わりたいと考えています。

自分の溶接した部品が車になり、お客さまのもとへ届けられるととてもわくわくします。

早く一人前となり、活躍できるよう頑張ります。」

溶接工へのあこがれを盛り込んだ志望動機

「昔から技術職に憧れがあり、一生かけて自分のスキルを磨いていけるような職業に就きたいと考えていました。

さまざまな職業を調べるうちに溶接工という仕事を知り、専門性を高められ、さまざまな技術を身に付けられることに非常に惹かれました。

溶接工というスペシャリストの仲間入りをして、努力しながら熟練と呼ばれるようになっていきたいです。」

溶接工の面接で聞かれること・注意点

溶接工の面接では、仕事に対する姿勢はもちろんのこと、目上の人に対する接し方や礼儀、挨拶などについてもチェックされます。

溶接工は専門性の高い技術職なだけに、先輩から後輩へ厳しい技術指導が行われることも珍しくありません。

わからないことを質問できる素直さや、ベテラン溶接工からの指導に対する謙虚さがあるかどうかは、周囲の人間が気持ちよく仕事をするためにも非常に重要なことなのです。

面接ではこのような点を見られていることも意識して、丁寧な言葉遣いや謙虚な姿勢を心がけましょう。

溶接工の自己PRのポイント

溶接工が働く現場はさまざまです。

仮に自動車が好きで自動車工場への就職を目指す場合など、少しでもその商品や製品について知識があればぜひアピールしましょう。

作業をする上では、知識があれば作業に直結することもありますし、その企業に興味を持っていることも伝えることができます。

溶接工の履歴書で気をつけるべきことは?

溶接工の履歴書で重要なのは、資格の有無です。

作業内容によっては特定の溶接の技術が求められることがあるため、資格の有無や取得した年齢などはしっかりと確認し、間違いのないよう記載しておきましょう。

溶接工の志望動機で悩んだら、転職エージェントに相談してみよう

未経験や中途で溶接工への転職を目指しているものの、志望動機や面接に自信が持てない場合は、転職エージェントで無料で添削を受けるのもおすすめです。

転職アドバイザーがしっかりサポートしてくれるので、書類通過率や合格率をアップさせることができます。

また、転職アドバイザーから、業界情報を聞くことができたり、溶接工の「非公開求人」の情報を得ることができます。

まだ転職するか迷っているという段階でも、早めに専門家のアドバイスを聞くことでキャリア選択の幅を広げることができるでしょう。

リクルートエージェントは、転職エージェントの中で最も求人数が多く、転職実績もNo.1となっているので、まず登録しておきたいエージェントです。

また、20代の方や第二新卒の方は「マイナビジョブ20s」に登録してみるとよいでしょう。

20代を積極採用している企業の案件が多く、専任キャリアアドバイザーによる個別キャリアカウンセリングを受けることができます。

なお、対応エリアは「一都三県・愛知・岐阜・三重・大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀」となります。

どちらも登録・利用はすべて無料なので、ぜひ両方とも登録して気軽に相談してみてください。