溶接工になるには

専門知識が必要不可欠

溶接工は非常に専門性の高い技術職です。

溶接を行うためには機材や材質に関する専門知識が必要不可欠ですし、火や電気や圧力を安全に取り扱うための高い技術力が求められます。

未経験者や全く知識がない人が熱意だけで採用されるという業界ではないので、この職業をめざすのであればどの学校に通うか、どのような資格を取るかを計画的に考えておくことが大切です。

溶接工をめざすための学校

それでは、溶接工になるためにはどのような学校に通えばよいのでしょうか。

一般的には、全国に点在している公共の職業訓練校に通って知識を身につけ、卒業してから就職をすることになります。

具体的なカリキュラムとしては、材料力学や製図、溶接法や測定法などを科目ごとに学びます。

また、溶接機の使い方や、手作業での溶接、機械を使った溶接についても実習を行うことができます。

職業訓練校以外にも一部の私立大学や専門学校で溶接工養成のためのコースを設けていることがありますが、数としては非常に少ないため、職業訓練校を選ぶ人が多いという現状があるようです。

溶接工になるための資格

溶接工として働く上ではスペシャリストであることを証明する資格の取得も重要になります。

溶接の仕事をする人向けにはさまざまな種類の溶接技能者の資格がありますが、その中でも代表的なものとしては「ガス溶接」や「アーク溶接」が有名でしょう。

「ガス溶接」の技能者の場合は、14時間の講習を受けることが必要で、学科と実技の両方をクリアできれば資格を取得することができます。

「アーク溶接」の作業者の場合は、11時間の学科と10時間の実技をクリアできれば資格を取得することができます。

この他にも「チタン溶接」「ステンレス鋼溶接」「プラスチック溶接」などの資格があり、企業や担当する業務、扱う材質によって求められる資格が異なります。

無事に資格の取得ができた人は、製造業や建設業などを中心に溶接工の求人募集をしている企業を探すとよいでしょう。