溶接工のやりがい・楽しさ・魅力

溶接工のやりがい・楽しさ

専門性を高められる

溶接工として働く上での大きなやりがいは、自分自身のスキルをとことん磨き上げていくことでしょう。

溶接は、熱や圧力を使って材料を繋ぎ合わせるという単純な作業のように思えるかもしれませんが、実際には非常に高いスキルを要求される仕事です。

溶接には、必要な材料を迅速に判断し、過不足のない設計ができるか、図面を正しく読み取り、的確に作業できるか、十分な強度を保てるか、美しい見た目に仕上げられるかなど、さまざまな要素が必要です。

ひとつひとつの過程で、溶接工の腕によって大きな差が出るため、ベテランの溶接工はどんな職場でも重宝されることになります。

近年では、作業の大部分が機械やロボットに代わられているところもありますが、どうしても機械では再現できない部分は多々あります。

機械よりも高いレベルで技術を高められれば、どこの職場でも重宝されますし、スキルが認められれば給料に反映されることもあります。

スペシャリストとして高いスキルと給料をめざしたい人にとっては、挑戦し甲斐がある職業なのです。

ものづくりに携わる喜び

技術大国である日本は、昔から「ものづくり」が盛んな国としてよく知られてきました。

製造業やその現場で働く職人の高い技術力に関しては、海外からも高い評価を得ています。

時代の変化とともに多くの工場で機械化が進んでいますが、それでもやはり人の手による細やかな作業を必要とする局面は非常に多いです。

ものづくりにおける溶接はまさにそのひとつともいえ、この仕事には高いスキルが必要とされるぶん、自分の手を使って製品を形にしていく大きな喜びや誇りを感じることができます。

設計をし、加工をし、仕上げるという過程の中で、最初は材料でしかなかったものが繋ぎ合わさってひとつの部品となり、それがやがては自動車や家具、アクセサリーとなって人々のもとに届けられるのです。

「ものづくりに直接携われる仕事がしたい」「自分が製造に関わった製品で誰かを喜ばせたい」という夢を持つ人には、ぴったりの職業といえるでしょう。

溶接工の仕事内容

溶接工の魅力

給料がアップしていく

ものづくりに関わるほかの職業に比べると、溶接工は資格が必要な分、給料も高めに設定されていることが多いです。

アルバイトや派遣で働く場合も、1,200円〜1,500円ほど、社員として働く際の平均年収は、300~400万円と、ものづくりの現場では比較的安定した収入を得ることができます。

また、溶接工としてスキルをアップさせればするほど、作業量が増えたり、高度な溶接ができるようになったりして、給料も上がっていきます。

将来性のある仕事

溶接工という仕事はものづくりの国日本ではなくてはならない職業であり、今後もなくなる可能性の低い仕事です。

近年では、熟練工が引退するにつれ戦力として若い世代が求められていますし、より高度な技術を併せ持つ水中溶接の需要も高まっています。

手に職をつけて働きたいという人、ひとつの職業に向き合い、腰を据えて働き続けたいという人にも向いているでしょう。