小説家になるにはどんなことをすればいい?

  
小説家になるには、ある程度の文章力が必要で、言葉のボキャブラリー・言い回しなどを身につけるためには、本をたくさん読むことが大切です。

また書くことも大切で、1日中小説を書くという作業をするために、1日何時間書くのかを決める・決めた時間内は机に向かう・書く環境を変えるなど、執筆のための生活習慣を身につけることも大切でしょう。

この記事では、小説家になるために必要なことを解説します。

小説家になるためにやるべきこと

本を読む

小説を書くためにはある程度の文章力が必要となります。

たとえば、

  • 言葉のボキャブラリー
  • 言い回し
  • 比喩表現
  • 国語的文章表現

などを身につけるためには、本をたくさん読むことが大切です。

童話や絵本・詩や短歌・ビジネス書など、世に出回っている書籍はプロの作家やライターが書き、さらにプロの編集の手が加えられているので、読むことによって国語的文章力が備わります。

また、小説をたくさん読むことで、独特の世界のみで使えるような

  • 言い回し
  • 表現方法

を学べます。

本当に作家を目指すのであれば、小説を読んで「おもしろかった」と思うだけではなく

  • 何を読者に伝えたいのか
  • そもそもこの小説のテーマは何なのか

などを考えてみましょう。

読む力が身につけば、必然的に書く力も身につくものです。

日頃読んでいる小説ももう一度角度を変えて読めば、また変わった学びがあるかもしれません。

小説を書く

小説家になるために一番重要なのは「書くこと」です。

書かなければ、せっかくのアイデアや文章スキルが使われないまま涸れてしまいます。

小説家としてやっていくもっとも重要な才能は、「最後まで書ききること」です。

書いている途中に挫折してしまったり、飽きてしまったり、読み返して諦めてしまうこともあるでしょう。

どんな稚拙な文章でも、どんな乏しい表現力でも最後まで書き切りましょう。

すると、達成感と幸福感が湧き、また書いている途中では認識できなかった修正箇所が見つかったりするものです。

小説家としての生活習慣を身につける

小説家はひとりで物事を作業する職業です。

売れない・書けないからと言って、誰のせいにすることもできませんし、悩みを解決する手段を与えてはくれません。

その中で、小説家が日々イスに座って、1日中小説を書くという作業は生半可な体力と精神力では保てません。

そのため、

  • 1日何時間書くのかを決める
  • 決めた時間内は机に向かう
  • 書く環境を変える

など執筆のための生活習慣を身につけていくことが大切です。

こうした執筆スタイルを確立することで、より小説が書きやすくなるとともに、不規則な生活を防ぐこともできます。

小説家は一人で仕事をするため、どれだけ仕事をしても評価されることはありませんし、逆にどれだけ仕事をしなくても怒られることはありません。

ただし、作品を最後まで書ききり、納期を守って提出するためには、こうした生活習慣や環境が非常に重要なのです。

小説家を目指す人は、今のうちから心がけておいた方がよいでしょう。

「小説家になるにはどんなことをすればいい? 」のまとめ

作家を目指すのであれば、小説を読んで、筆者は読者に何を伝えたいのか、そもそもこの小説のテーマは何なのかを考えてみましょう。

小説家になるために一番重要なのは「書くこと」ですので、小説を書いてみて、どんな稚拙な文章でも、どんな乏しい表現力でも最後まで書き切りましょう。

また、1日何時間書くのかを決めたり、決めた時間内は机に向かう、書く環境を変えるなど執筆のための生活習慣を身につけていくことが大切です。