生活相談員の就職先の種類・活躍の場

生活相談員の勤務先・働き方の種類

生活相談員のおもな就職先・活躍の場は、以下のようにいくつか考えられます。

・有料老人ホームや特養グループホーム
・ショートステイ(短期入所生活介護)
・デイサービス(通所介護)
・障害者福祉施設

勤務先によって、生活相談員としての仕事内容、役割、仕事の進め方にも違いが出てきます。

ここでは、それぞれの勤務先と、そこで勤務する生活相談員の勤務内容について詳しく紹介します。

有料老人ホームで働く生活相談員

有料老人ホームは、おもに民間企業が運営している介護施設です。

介護度が最も低い「要支援1」から最も重いとされる「要介護5」まで、さまざまな利用者が暮らしています。

施設によって利用者層や雰囲気はまちまちで、なかには富裕層向けの施設などもあります。

生活相談員の基本的な仕事内容は、窓口業務や相談業務など、他の施設と大きな違いはありません。

ただし徹底したサービスを受けられる有料老人ホームでは、食事の内容や同じ施設に住む利用者との相性など、一人ひとりの利用者に大きく寄り添って、幅広い相談に乗ることが多くなるでしょう。

特別養護グループホームで働く生活相談員

特別養護グループホームは、「介護老人福祉施設」とも呼ばれる公的な介護保険施設です。

家などでの生活が困難になった要介護3以上の高齢者が入居でき、終身に渡って介護が受けられる施設となっています。

特別養護グループホームで暮らす利用者の特徴は、多くの人が認知症を持ち、要介護度も高いことです。

生活相談員は、利用者の心身の状態や、その家族が抱えている状況など多方面から相談に乗ります。

そして医療従事者や介護職員とともに、利用者が暮らしやすいケアを考えていく必要があります。

コミュニケーションを取るのが難しい利用者も多くいることから、根気強く相手と関わっていくことが大切です。

デイサービスで働く生活相談員

デイサービスは利用者の食事、入浴などの介助、身体機能を維持するためのレクリエーション、看護師や機能訓練士と連携してリハビリテーションを行う施設です。

利用者が入居することはなく、マイクロバスなどで利用者の送迎を行いながらサービスを提供します。

特別養護グループホームや有料老人ホームと比べ、小規模で運営しているデイサービスが多いため、利用者の相談に乗りながら、送迎や食事介助など、そのほかの介護業務をあわせて行うことが多くなります。

利用者はデイサービスにご自身で来られる体力を持った方が中心のため、特別養護グループホームや有料老人ホームと比べ、心身ともに安定している方が多いのも特徴のひとつです。

ショートステイで働く生活相談員

ショートステイとは「短期入所生活介護」とも呼ばれ、要介護の高齢者が数日~1週間程度、短期で施設に入所できる施設です。

ショートステイは大きく、「併設型」と「単独型」の2つのタイプがあります。

「併設型」は、特別養護老人グループホームなどに併設されていることが多く、短期の入所の際に使用されます。

一方、「単独型」と呼ばれるタイプは、ショートステイ専門の施設として独立しているものを指します。

ショートステイにおける生活相談員は、契約などの窓口業務や相談業務、多職種との連携を行いながら、短期間の入所が安全かつ利用者に負担のないように過ごせるよう多方面からサポートを行います。

短期入所を終えたあとも、ご家族との連絡や訪問医などと連携を図り、利用者が安心して自宅に戻れるように支援することが重要な役割です。

障害者福祉施設働く生活相談員

割合としてはそこまで大きくないですが、障害者福祉施設で働く生活相談員もいます。

障害者福祉施設とは、知的障害者や発達障害者、身体障害などをもつ利用者の入居施設です。

障害者福祉施設で働く生活相談員の業務は、窓口業務や相談業務のほか、利用者の「生活支援」の比重が高くなります。

ここでは高齢者だけではなく若い世代の人の入所も多いため、利用者の世代や年齢に合わせたサポートが重要です。

また、障害を背負った時期や過程もそれぞれ異なるため、利用者の考え方や家族との関係、育った環境などを十分に把握する必要があります。

一緒に勤める介護職員や医療従事者と連携をはかり、一人ひとりの利用者に合わせたコミュニケーションや支援を考えていくことが重視されます。