臨床検査技師の就職・新卒採用の状況

臨床検査技師の就職先にはどんなところがある?

臨床検査技師の就職先でもっとも人気があるのは病院やクリニックなどの医療機関です。

おもに検査部に所属し、配属された部署で検体検査や生理検査、採血などをおこないます。

他の就職先と違い、患者さんと直接接する機会が多いのが特徴の職場です。

また、医療機関から外注された特殊な検体検査などを行う検査センターなども臨床検査技師の就職先としてあげられます。

検査センターでは、医療機関で患者さんから採取した検体を受け付けて検査するため、検体検査が中心で患者さんと直接接することはまずありません。

公務員として保健所や科学捜査研究所(科捜研)に勤務する臨床検査技師もいます。

保健所に勤務する場合は住民の定期健診や採血などを行い、残業はあまりありませんが、科捜研の場合は業務を求められるときが予測不能であり、生活も不規則になりがちです。

さらに製薬会社や研究所で研究員として働く臨床検査技師もいますが、大学院卒以上の学歴がないと応募資格を満たさない場合がほとんどです。

研究員の仕事内容は、新薬の開発や基礎研究がおもな業務となります。

臨床検査技師の求人の状況

検査キットや機械の質が向上しているため、現在では臨床検査技師の求人は全体的に減少傾向です。

とくに、正職員の募集はとても少なく、パート勤務や任期制職員の募集が多くなっています。

そのため臨床検査技師の資格だけではなく、緊急検査士、超音波検査士などの認定資格を取得すると有利ですが、それには実務経験が必要です。

まずは資格取得を目指せる、または自分の進みたい方面の知識をいかせる場所に勤務形態にこだわらずに進み、経験を積むのがよいでしょう。

臨床検査技師の就職先の選び方

臨床検査技師の求人情報では、まず応募資格をチェックしましょう。

超音波検査や生理検査の経験者を募集していることも多いため、卒業研究時に生理検査などを行っていた場合はその旨を履歴書に書いて応募するのもよいでしょう。

将来的に取得したい認定資格などがある場合は、仕事内容が認定資格を取得するために役立つかもチェックしましょう。

職務をこなしながら、別の部署の認定資格に向けて勉強するのはかなりハードです。

さらに、近年の医療機関では正職員の募集はまれですので、どういった勤務形態で働くのかもチェックすべきポイントです。

勤務先の住所については、引っ越しが可能であればそれほど気にする必要はないといえます。

ただし卒業後は実家に戻ることなどが決まっている場合、居住予定の住所から通勤にどのくらいかかるかも考慮に入れておきましょう。

臨床検査技師の志望動機・面接

臨床検査技師に限らず、なぜその職業を選んだのか・なぜその就職先を選んだのかといった動機に関する質問は必ずといっていいほど聞かれます。

それに対し、自分なりの志望動機をよく分析し、分かりやすく説明できるようにしておくのがよいでしょう。

臨床検査技師を目指す多くの人は、なにかしらこの職業に関わる人の仕事ぶりなどを見て自分も同じ道を目指すようになった人が多いと思われます。

臨床検査技師は医師看護師などと比べあまり知名度が高くない職業であるため、どういった経緯でこのような職種を知り、目指すようになったのかを書き出してみるのもよいでしょう。

検査のプロとしてチーム医療その他に携わる大切な人員であるという自覚を持ってのぞみましょう。

また自分の長所や短所、自分の性質を職場でどのように活かせるか、学生時代に頑張ったことなども面接で聞かれやすい質問です。

自己分析や、自分の短所の問題提起と対策を書き出してみる、具体的に何に力を入れてどのような成果を得たかなどをまとめておくと、落ち着いて説明しやすくなります。

就職先はどのように探したらいい?

臨床検査技師の就職先の探し方では、卒業した学校の就職支援課が役立ちます。

医療機関やそれに準ずる検査センター、研究施設などやや特殊な就職先が多く、募集要項が発表される時期もまちまちなので、まめに就職課に通うことをおすすめします。

また就職課では医療機関などの紹介を受けることができる場合もあるため、活用するのがいいでしょう。

医療機関や企業のウェブサイトをまめにチェックし、採用情報が出たら応募するという方法もあります。

それ以外には、臨床検査技師専用の求人サイトに登録しておくのもよいでしょう。

通常の求人サイトでも臨床検査技師を募集していることがあります。

さまざまな方向から就職先を見つけられるようにアプローチしていきましょう。