臨床検査技師の働き方(正社員、派遣、アルバイト)

臨床検査技師の雇用形態

臨床検査技師の主な雇用形態としては、まず病院や企業などの正規の社員・職員となって働く正職員・正社員がいます。

また、派遣登録会社に登録し、さまざまな病院へ派遣されて働く人や、週に数日・数時間など、自分の働ける時間内でパート勤務をする臨床検査技師も多く見られます。

それ以外では、昨今の医療機関でよく見られる任期制採用として、定められた年限で勤務することもあり、臨床検査士の雇用形態は多岐にわたります。

正職員の臨床検査技師

医療機関では検査の簡易化・機械化により、正職員の臨床検査技師は削減傾向にあります。

求人数に対して応募者数のほうが多くなりがちなため、採用試験に合格するためには在学中からの積み重ねが重要です。

正職員として採用された場合の勤務時間は、職場の定めるところによりますが、病院のでは外来診察を行う8時頃から18時頃までが一般的です。

入院施設や救急救命部のある病院では昼夜を問わず検査を必要とするため、夜勤・当直が発生します。

安定した雇用が確保されることは、正職員として働くメリットといえるでしょう。

しかし、他の雇用形態以上に責任を負うため、難しい業務を任されたり、残業
時間が増えたりする可能性があります。

派遣の臨床検査技師

派遣の臨床検査技師は、医療系職種を扱う派遣登録会社に登録し、人員を必要とする病院などへ派遣されるかたちです。

契約に基づき、勤務する場所や時間、勤務期間などがあらかじめ決まっていることが最大の特徴です。

この働き方のメリットは、一つの組織にどっぷりと浸かることなく第三者的な目線で職場を見ることができる点や、もし職場が合わなくても期限がくれば別の職場へと移りやすいことなどです。

一方、デメリットとして挙げられるのは、立場上、同じ職場に長く勤め続けることが難しい点や、専門性を高めることが難しいことなどです。

アルバイト・パートの臨床検査技師

検査業務自体があまり多くない場合、アルバイトやパート勤務の臨床検査技師を募集する医療機関もあります。

この働き方のメリットは、比較的自由に勤務する日にちや時間を決めることができる点です。

派遣や正職員としてフルタイムで働くのが難しいなどの理由で、このような勤務形態を選択する人もいます。

デメリットは、収入が安定しにくいこと、大きな昇給を望みづらいこと、福利厚生を受けられない場合があることなどです。

ただ、パートとして勤務している間に実務経験を積み、勉強をして上位資格を取得し、正規雇用を目指すことは可能です。

任期制職員の臨床検査技師

任期制職員とは、もともと定められた「任期」内で勤務をする形態です。

派遣とも似ていますが、任期制職員の場合、勤務期間中の待遇については正社員と同様であることが多いため、この間にしっかりと実務経験と勉強に励み上位資格を目指す

デメリットは、正職員のように終身雇用ではないため、任期満了となったら次の職場を探さなくてはいけないところです。

しかし、勤務中に専門性を高めてアピールポイントを作っていけば、新卒者より有利な立場で就職活動ができます。