ペットシッターになるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校・スクール)

ペットシッターになるための学校の種類

学校の種類と違い

ペットシッターになるための学校は、大学、専門学校、スクール、通信講座などがあります。

大学は4年かけて動物の生態などについて詳しく学ぶことができ、専門学校はトリミングや動物看護などの専門知識を身につけることができます。

スクールや講座は短期間で知識を身につけることができ、卒業と同時に資格を取得できる場合が多いです。

ペットシッターになるために学歴や資格は必要ないため、絶対に学校やスクールに行かなければいけないわけではありません。

ただし、独学でペットシッターになるとしても、動物の命を守るための豊富な知識や技術が求められます。

未経験者の研修システムが設けられている企業もありますが、企業の研修だけでは足りないかもしれません。

ペットのケアのスペシャリストとして働くためには相当量の知識が求められるためです。

できれば学校で勉強してから就職するとよいでしょう。

資格取得が独立開業時に役立つ

ペットシッターとして独立開業を目指している人は、学校や講座に通って資格を取得すると大きな利点となります。

開業時に必要な「動物取扱業」の登録をする際に資格が必要なので、夢の実現に近づくことができます。

ペットシッターになるには? 必要な資格はある?

ペットシッターになるための大学

ペットシッターになるための大学は、4年かけて動物看護や動物人間関係学について学べることが特徴です。

メリットは「動物臨床看護学実習」「動物園・水族館論」「ペットビジネス企業論」など獣医学系の分野からビジネスまで、専門学校よりも幅広い分野をより深掘りして学べることです。

就職もペットシッター以外にもペットショップ、ペット用品メーカー、動物園、補助犬育成団体など幅広い選択肢から選ぶことができるでしょう。

逆にデメリットは、大学は獣医や動物園・水族館の専門職など国家資格が必要になる職業を目指す人が多いので、ペットシッターになるための大学が極めて少ないことがあげられます。

学費は初年度160万円程度で、「動物看護学」「動物人間関係学」などが有利な学部です。

ペットシッターになるための専門学校

ペットシッターになるための専門学校は、2年~3年かけて動物の専門知識を身につけられることが特徴です。

メリットは大学よりも早く卒業できること、そして卒業の際に動物に関連したさまざまな資格を取得できることでしょう。

たとえばペットのスタイリングの専門学校であれば、ペットの毛並みを整えて美しく見せるテクニックが身につき、「トリマー」の資格が取得できます。

またペットの医療や福祉の専門学校であれば、ケガの際の応急処置や病気の看護方法を勉強し、「動物看護師」の資格が取得できるので、ペットシッターの現場でも大いに役立つスキルです。

共通しているのは「犬や猫の行動学」や「小動物の生態」「健康管理における留意点」「人畜共通感染症」など専門科目の学習でしょう。

デメリットはペットシッターを専門に学ぶよりも、トリミングや動物看護よりの勉強をすることです。

学費は学校によっても異なりますが、初年度130万円~155万円程度で、学校によっては夜間も設置されているので働きながら通うこともできます。

ペットシッターになるためのスクール

ペットシッターになるためのスクールは、短期間でペットのしつけ方や遊び方、ペットを飼育する上で知っておかなければいけない法律などの講座を学べることが特徴です。

学費は10万円~15万円ほどです。

スクール利用のメリットは、1週間~2ヶ月ほどの短期集中型の講座が多く、費用や時間の負担が少ないことです。

また、ペットシッターの養成スクールであれば卒業時に「認定ペットシッター」「ペットシッター士」の資格を取得できることもメリットです。

中には自宅学習に加えて、2日間のカルチャースクールでの講習会を受講すれば資格を取得できるスクールもあるので、スクールから遠方の人でも利用しやすいでしょう。

デメリットは学習期間が短い点です。

どうしてもポイントを押さえた学習になるため、より深く学びたい人は、物足りなさを感じるかもしれません。

ペットシッターになるための通信講座

ペットシッターになるための通信講座もあり、教材に沿って自分のペースで学習できるのが特徴です。

メリットは仕事や家庭の事情で忙しかったり、スクールに遠くて通学が難しい人でも自分のペースで学習できることがあげられます。

また大学・専門学校・スクールと比べても学費がリーズナブルなので、金銭的な負担を少なくしたい人にも最適でしょう。

2ヶ月~6ヶ月ほどの受講期間の間に自習をして、認定試験を受けて合格すれば資格が取得できます。

デメリットはわからないことをすぐに質問するのが難しい点で、学費は5.5万円~8万円前後です。

独学でペットシッターになれる?

ペットシッターは、独学でなることもできます。

メリットは書籍代の数千円のみで学習できるなど、費用を抑えられる点です。

ただしペットシッターは、お客さまが安心できるスキルがないと受注できる仕事は増えないので、知識と技術があることの証明になる資格があるとよいでしょう。

また、資格があればペットシッターの身元を証明しやすくなるので、お客様の信頼を得ることもできます。

ペットシッターの資格は「愛玩動物飼養管理士」「認定ペットシッター」「ペットシッター士」などがありますが、資格取得にも条件があるのでよく確認する必要があります。

たとえば「愛玩動物飼養管理士」の1級は2級愛玩動物飼養管理士の資格を有する者(認定登録された者)、2級は満15歳以上であることが、講座の受講要件です。

「認定ペットシッター」「ペットシッター士」は通信やスクールの受講が必要です。

最終的に資格取得を目指すのであれば、最初からスクールや通信、専門学校を検討した方がよいでしょう。

参考:公益社団法人日本愛玩動物協会 愛玩動物飼養管理士

参考:ペットシッタースクール ペットシッター養成講座

参考:特定非営利活動法人日本ペットシッター協会

ペットシッターの学校選びのポイントは?

ペットシッターの学校選びのポイントは、まずは資格取得ができるかで選ぶとよいでしょう。

資格があれば就職でも有利になりますし、将来的に独立開業するなら資格取得は必須です。

取得できる資格も学校によって違うので、目指す資格が取得できる学校から選択肢を絞るのも、ひとつの方法でしょう。

またペットに関する学校はその内容はもちろんのこと、履修期間や授業料にも大きな違いがあります。

短期間で資格取得を目指すなら通信講座やスクール、実践的なペットケアに関する専門知識を学ぶなら専門学校、より幅広い視点で動物の生態や看護について学ぶなら大学を検討しましょう。

どんなペットシッターになりたいのか、ペットとどのように関わりたいのかよく考えてから選択することが大切です。