研究者の勤務時間・休日

大学の勤務時間と休日

研究者にはさまざまな就職先がありますが、大きく分けると「大学」や「研究所」のような研究機関や、「民間企業」があげられるでしょう。

このなかで年間を通して勤務スケジュールが最も流動的になるのは、大学で働く研究者です。

大学の研究者は、一般的には教授や准教授という役職についています。

このため、専攻分野の学生に講義をしたり実験や調査の立ち合いをしたり卒業論文の指導をしたりする仕事があり、こうした仕事の合間を縫って自分の研究を行っています。

基本的には大学の開校時間に合わせて出勤し土日に休みを取ることになりますが、学生が夏休みや春休みなどの長期休暇に入れば、比較的自由に勤務時間や休日を調整できるようになります。

研究所の勤務時間と休日

理化学研究所や経済産業研究所などの研究所で働く研究者の場合は、どちらかというと規則的な勤務スケジュールで働くことが多いようです。

朝8時頃に出勤し、夕方18時頃に退勤するという勤務時間で働き、土日や祝日は休みというパターンが一般的です。

国立の研究所は雇用環境が整っていることが多く、お盆や正月などには長期休暇が取得できるので、働きやすい環境といえるでしょう。

ただし、学術誌への論文投稿やメディア対応も多いのでこうしたイベントがあるときには非常に忙しくなり、シンポジウムに参加する場合は土日に出勤することもあります。

民間企業の勤務時間と休日

一方、製薬メーカーや食品メーカーなどの民間企業で働く研究者の場合、企業ごとの定時の勤務時間で働くことになります。

最近は大手企業を中心にフレックスタイム制を導入しているところも多く、自分の研究の進捗状況にあわせて自由な働き方ができるところもあるようです。

思うような研究の成果が出ないときや、社内での発表や報告の機会が迫っているときには、深夜残業や休日出勤をしながら働くこともあります。