助産師の求人・就職募集状況

助産師の就職先にはどんなところがある?

助産師の就職先には、大学病院や総合病院の産婦人科、街の産科クリニック、助産院などがあります。

よりよいお産をそれにあったプランで、とこだわりを持つ妊産婦やその家族も増え、そのようなニーズに応えるために病院や産科クリニックもさまざまな独自性やカラーを持つようになってきています。

よりきめ細やかな出産・分娩ケアに、助産師は欠かすことができません。

また、定年や離職により現役の助産師が現場を退くという状況もあり、まだまだ助産師の数は不足しています。

今後もますます助産師の役割はより重要になるとともに、活躍の場が増え、就職先としても新たな選択肢が増えていくものだろうと推測されています。

助産師の仕事先の種類・活躍の場

助産師の求人の状況

昨今の少子高齢化、晩婚化などの社会背景により、1人の女性が生涯に産む子供の数は減っていますが、少ない子供に愛情を集約して育てたいという考える母親もたくさんいます。

しかし、核家族化が進みワンオペレーションの育児が問題視される中、また「育児の先輩」が周りにいないという状況において、現代のあらたな『助産師のニーズ』があります。

助産師の仕事は、分娩介助だけではありません。

妊娠、分娩、そして出産後、継続的な母子のケアも助産師の役割です。

慣れない育児に不安を感じ、ひとりで子育てと向き合っていく母親の頼れる存在となり、孤立から守る役割が見直されてきています。

今後、地域の母子保健支援活動においても、助産師の活躍の場は広がっていくと考えられます。

また同時に、若い世代が「妊娠・出産・育児」に希望が持てる性教育や知識の普及、社会づくりも期待されています。

そして、助産師の就職先を占める病院・診療所においても、「助産師外来」の拡大により、医療設備と、産科医のバックアップ体制が整った中で、助産師が安心感と自信を持って更に活躍できる場が増えていくことでしょう。

助産師の志望動機・面接

現役の進路決定の際に助産師を志す人もいますが、社会人になってから助産師の仕事の素晴らしさを知り、キャリアの転換や進路の変更をして助産師になる転職組も少なくありません。

助産師の就職面接では、特に新卒ではない志望者の場合、やはり動機や仕事に対するモチベーションが重要視されると考えて間違いありません。

キャリアを変えてでも助産師を志した動機、それに対するやる気や努力を充分にアピールして、希望する就職先で仕事ができるよう、面接ではしっかりと心の内をPRできればよいでしょう。

面接の際の、志望動機やエピソードの体験一例をあげてみます。

助産師を志したきっかけ

「私は、畜産系の大学を卒業後、都内で会社員をしていました。

偶然みた映画『命』がきっかけで助産師を志すことになりました。

その『命』という映画の中で、お産のシーンがあり、助産師が登場しました。

助産師は、陣痛で苦しむ女性を冷静に、そして温かく励ましていました。

“助産師”という職業は聞いたことはありましたが、そのころ妊娠も出産も未経験の独身の私には、関わったことがない存在でした。

この映画を見た瞬間、私は「助産師になりたい」という気持ちが自然とわいてきました。

すぐに助産師になるためにはどうしたらよいのか、ということを調べました。

助産師になるためには看護師免許、助産師免許が必要だということを知り、さらに助産師学校への入学は狭き門だということもすぐにわかりました。

すでに、大学を卒業して社会人をしていた私が、会社を辞めて、助産師になれるかどうかわからないのに看護学校に入学するというのは人生の中でも大きな“賭け”なのではないかと思わずにはいられませんでした。

そのため、すぐに受験勉強を開始する、という行動には出られず悩んでいました。

春になり、やはり助産師になるという夢が忘れられない自分を認めチャレンジすること決意しました。

翌年、無事に看護学校の入学試験に合格し、看護学生として3年間を経たのち、推薦で助産学校へ入学し、卒業することができました。

助産学校に入学し、実際の現場で学ぶことによってはじめて、母子の命を預かる責任の重さ、赤ちゃんが無事に生まれてきてくれることへの感謝、そして助産師としての誇りを本当に感じることができたように思います。」

助産師の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?