助産師の仕事先の種類・活躍の場

助産師の勤務先・働き方の種類

助産師として勤務する場所は、大学病院や総合病院などの産科、産婦人科クリニック、そして助産院と大きく分けて3種類あります。

勤務する場所によって、助産師の働き方や業務内容、経験できる症例なども異なってくるため、助産師としてどこで働き、どのようなキャリアを積んでいくか、しっかりとビジョンを持って就職先を決められるとなおよいでしょう。

勤務先によって、フルタイムや夜勤のあるなし、パートタイムなど勤務形態もさまざまです。

また、結婚や出産、育児などのプライベートでのライフステージも女性にとっては重要な変化です。

ワークライフバランスを踏まえたうえで、勤務する場所や環境を考える必要があるでしょう。

ここでは助産師が勤務する病院の産婦人科、産科クリニックでの働き方などについて見ていきましょう。

助産師の仕事内容

病院の産婦人科や産科クリニックで働く助産師

医療チームの一員として働く

大学病院や総合病院など、病院の産婦人科で勤務する助産師の場合、チーム医療の中で一員としての医療を担うことになります。

病院の産婦人科には、助産師以外に看護師、医師、その他のコメディカルスタッフがいて、医療チームの中で役割が求められます。

総合病院や大学病院では、助産師の資格がある場合は、多くの場合、婦人科ではなく産科に配属されます。

しかし、近年は少子化に伴い、病院によっては分娩の件数そのものが減り、診療科として産科だけで独立していないこともあります。

その場合、婦人科と産科を合わせた産婦人科として診療科があり、助産師も婦人科疾患を持つ患者の対応が業務の中で大きな割合を占めることも少なくありません。

また、助産師の不足により、病棟勤務と外来勤務の両方を掛け持ちで任されることもあります。

経験できる症例やケースの数が多い

助産院で勤務する場合と大きく異なる点は、経験できる症例やケースの数が圧倒的に多く、幅広いという点です。

医療行為ができず、正常分娩の介助だけが認められている助産院と異なり、医師の常駐する病院では、あらゆるケースの妊娠経過、分娩に立ち会うことができます。

助産院に勤務する場合と比べ、さまざまな種類の経験を積むことができ、いろいろな形の命の誕生に立ち会うことが病院で働く際の特徴といえます。

病院での実際の業務は意外に幅広く、妊産婦を対象とした保健指導や母親教室、産後の授乳ケアなども業務の対象となります。

また、看護学生の実習を受け入れている病院の場合は、助産師が教育指導を行うこともあります。

助産院で働く助産師

アットホームな雰囲気

産婦人科医師やコメディカルスタッフがおらず、助産師のみで運営されている、ベッド数が9床以下の施設を助産院といいます。

助産院は、母子ともに正常な状態にある場合の出産の介助を行う場所で、妊産婦および産後の保健指導をうける「じょく婦」と赤ちゃんになります。

助産院というのは入院床数9床以下の施設をさします。

したがって、小規模である分、家庭的でより妊産婦と助産師の距離が近く、アットホームな雰囲気の中での出産が可能です。

病院やクリニックのようにあえて白衣は着用せずに業務にあたっている助産院などもあり、温かい雰囲気の中、助産師をはじめとするスタッフと妊産婦、そしてその家族が一丸となってお産に臨みます。

多様化するバースプラン

さまざまなバースプランを望む妊婦が増え、昨今助産院での出産も増える傾向があります。

助産院は、妊娠時の検診や分娩から乳児の育児指導まで、一貫した助産活動や補助を行います。

助産院の施設としては、助産師の自宅の一部やまたは敷地内に開院している場合がほとんどで、時には妊婦さんの自宅を訪れ、出張して助産介助を行う場合もあります。

病院とはまた異なり、助産院は、より自然に生む力を生かせる環境であるといえるかもしれません。

助産師外来で働く助産師

助産師外来のメリット

助産師外来とは、これまで医師が病院やクリニックで行ってきた妊婦健診を、助産師が行うことをさします。

妊婦健診では、妊娠中の母体に異常はないか、胎内の赤ちゃんの成長や母体の経過は順調かなどを妊娠週数に合わせ、定期的に診察します。

大学病院や産科クリニックなどでは、名前を呼ばれて診察室に入り、医師と向かい合って診察を受けることがほとんどですが、助産師外来では、医師の代わりに助産師が妊婦の対応をします。

これは、診察や外来の医療の現場から考えると、大変画期的なかたちであるといえます。

この助産師外来には、メリットがいくつもあります。

近年、少子化に伴い減少している産婦人科医の役割を分担することで、産婦人科医の不足を業務上で補うことができます。

また、妊産婦が出産までの妊娠期間において助産師とリラックスした雰囲気の中で、妊娠や出産をポジティブな気持ちで受け入れることもできます。

助産師にとっても、病院や医師、医療チームというバックアップがある中で、安心して自分の専門分野で知識を発揮できることなどもメリットであるといえるでしょう。

助産師の新しい活躍の場

助産師外来は、病院やクリニック勤務の「チーム医療」というメリットを最大限に生かした携わり方であり、助産師の新しい活躍の場として注目されています。

最新の医療機器や知見などをしっかり活用しながら、すぐに医師やコメディカルスタッフと連携が取れるという安心感のなかで、これまで以上に、助産師としての力を生かすことができる理想的な業態であるといえるでしょう。

なんでも相談できる身近な助産師と、さらなる専門知識を持った医療チームのリーダーである医師、その両面から妊娠から出産、分娩までをしっかりとサポートできる体制は、妊婦にとってもとても心強く出産に臨める環境でしょう。

独立・開業して働く助産師

助産師には、助産院を開業して自らがリーダーとなりお産の手助けをする働き方もあります。

自然の力を最大限に引き出すことを大切にし、妊婦やその家族と一緒に考えたバースプランに基づいて、理想のお産を目指します。

妊婦の希望によっては、さまざまなスタイルのお産に対応することができるのも助産院の大きな特徴で、分娩台を使わないフリースタイル分娩や、水中分娩などもあります。

畳の部屋で分娩を行う助産院などもあり、それぞれの特徴や助産師の考え方が大いに反映されています。

大きな病院や産科クリニックとは異なり、助産院では基本的に妊娠時から分娩時までひとりの助産師が担当します。

自宅のようなアットホームで温かな雰囲気であることから、妊婦と家族のように密にコミュニケーションを取れることも助産師にとっては良い点です。

ただし、助産院では医療行為は行えないため、妊娠経過が順調であっても分娩時に問題が発生した場合などは、提携病院に緊急搬送しなければならないケースもあります。

その判断も、助産院で働く助産師の重要な役割です。