医療秘書の勤務時間・休日

医療秘書の勤務時間

医療秘書は、病院、大学病院や薬局などの医療機関で働いています。

そのため、基本的には勤めている医療機関の開業している時間に合わせて勤務することになります。

たとえば、総合病院や大学病院に勤めている医療秘書の場合、診察が始まる時間である朝の8時半頃から仕事を始めて休診の間の13時頃に昼食休憩を取り、夕方17時半頃に勤務を終えるというのが一般的です。

平日は大体このようなスケジュールで働き、病院によっては土曜日も出勤することがあります。

基本的に残業はなく、就業時間内に仕事が終わらなければ次の日に持ち越して対応することが可能です。

ただ、締切のある学会前や医局が主催する研究会、事務作業の締日などが重なった場合には突発的に残業をして業務にあたることもあります。

医療秘書の休日

日曜日や祝日など世間の休日は医療機関も休みになることが多いので、医療秘書も休むことができます。

雇用先によって状況は異なるものの、基本的には週休1日か2日になるようです。

大学病院や総合病院などでは基本的には週休二日でカレンダー通りに休みが取れると思って間違いありません。

街のクリニックなどの場合は、平日に一日程度、午後から休診の日が設定されていたりします。

その分、土曜に半日出勤することになる場合も多いですが、平日半日の休日は慣れてしまうとかえって便利だったりすることもあります。

ただし、医療秘書というのはひとつの医療機関に何人もいるわけではなく、小規模な病院や薬局などでは一人で任されているということも珍しくありません。

交代できるような同僚がいない場合は仕事を休むのが難しく、休みたい日に休みが取れないということもあるようです。

また、病院の開業スケジュールによっては盆や正月も休みが短く、長期休暇を取るのが難しいということもあります。

休日を重視している人は、求人情報を見る際に勤務時間や休暇についてしっかり確認しておいたほうがよいでしょう。

医療秘書の残業時間

繁忙期の波や、学会が集中する春や秋などは、医局の医師たちから振られてくる仕事によって残業をして対応しなければいけない場合も実際には起こります。

論文の校正、提出書類の締切、各種申込みや研究会の準備など、対外的なやり取りは待ってくれませんので、就業時間を超えたとしても優先して処理する必要があります。

また、一カ月の中でも事務処理などの締日がそれぞれある場合には他の業務と重なったりすると繁忙のピークが来ることもあります。

勤務先やスタッフの人数などによってもちろん状況は異なりますが、全体的に月20時間程度内での残業に収まるケースが多いようです。

最近では働き方改革を鑑みた企業全体の取り組みなどの影響で、残業時間は減る傾向にあると考えられます。

医療秘書は忙しい? 激務?

医療秘書は、医師の学会や研究発表の手伝いをすることもあります。

研究データを入力したり医学論文を検索したりするような仕事は膨大な時間がかかることも多く、通常の勤務時間が終わった後に残業が発生することもあります。

もちろん、雇用契約が「派遣社員」「パートタイマー」などの場合は残業を依頼することができない場合もあるので、あくまでも契約条件によるものと考えてよいでしょう。

子育てや介護をしながら医療秘書として働く場合、残業の有無が家庭に大きな影響を及ぼすことがあるので、採用時によく話し合い合意をしておくことが大切です。

医療秘書の休日の過ごし方

医療秘書は医療従事者ですが、事務方の職種ですので休日に呼び出しがあるようことは基本的にはありません。

休日はきちんと休息を取ることができます。

ただし、学会などの出張や院内研修、医療秘書向けの勉強会などが実施されることもあり、その場合は休日を返上して勉強に出かけていくこともあります。

長期休みなどは医療機関は開いていますが事務方は休みとなることも多く、人員を減らした縮小状態でシフト制となるケースもあります。

この場合でも、呼び出しなどはめったにありませんので、休日はしっかりとプライベートな時間を確保することができると考えてよいでしょう。

医療秘書の1日・生活スタイル