インテリアプランナーの仕事、業務内容

インテリアの設計をする

インテリアプランナーは、住宅や店舗、オフィスなどの建築物における内部(室内)のインテリアを設計する仕事です。

その業務内容は多岐にわたりますが、施主やお客さまから依頼を受けて、内装、照明器具、家具といったさまざまなインテリアを企画していきます。

お客さまの要望やニーズを把握し、取り入れることはもちろんですが、お客さまにとってより良い生活環境や空間を実現するために、プロフェッショナルとしての視点を生かしながら、快適性、機能性、安全性などを考慮したデザインを考えていくことが重要です。

また、設計完了後の建築時には、計画通りに工事が進められているかなど、現場を指揮・監督していく役割も担います。

他の職種との関連性は?

建築やインテリアに関わる仕事は、インテリアプランナー以外にもたくさんあり、それぞれの業務範囲が重なっていたリ、絡み合っていることも多いです。

たとえば、インテリアプランナーがインテリアを計画していく段階では、インテリアプランナー自身が実際に図面を作成することもあるため、建築士としての知識や業務内容も含まれてきます。

また、デザインイメージを作成するという点においては「インテリアデザイナー」とも関わりが深いといえます。

ただし、インテリアプランナーの場合、デザインイメージ作成に加えて設計図の作成や工事管理まで幅広く携わることが特徴で、より建築に関する専門知識が求められます。

就職先・活躍の場

インテリアプランナーは、おもにハウスメーカーや建設会社、設計・デザイン事務所などで働いています。

建築業界で広く活躍できる仕事です。

絶対に資格が必要という種類の仕事ではないため、いきなり現場に入って先輩の下で仕事を少しずつ覚えて一人前を目指す人もいれば、専門学校などでインテリアについて学んでから就職する人もいます。

経験を積んでいくと、さまざまな建築やインテリアの知識・技術を生かして独立する人もいます。