インテリアプランナーの現状と将来性

インテリアプランナーの現状

近年、インテリアに注目が集まるにつれて、新しく家や店舗を構える際にプロのアドバイスを求める人が急増しています。

とくに、SNSなどで多くの情報を集めたり発信したりする人が増え、インテリアにもこだわりを見せる人が増えていることから、一般住宅に求めるレベルも非常に高くなってきています。

個人のライフスタイルや趣味に合わせ、プロの視点からアドバイスができるこの仕事は、今後ますます需要が高まっていくと考えられます。

また、これまでは画一的なデザインだった公共施設や商業施設でもインテリアを工夫するところが増えてきているため、活躍の場もどんどん広がっていくでしょう。

インテリアプランナーの需要

インテリアプランナーは、とくに現代社会においてニーズが増している職業のひとつだといえます。

現代は住宅やオフィス、その他のさまざまな建築物においてインテリアが求められるようになっています。

デザインについても、これまでのような画一的なものではなく、個々の趣味に応じたオリジナリティあるインテリアが必要とされる場が増えているのが特徴です。

生活者や利用者のニーズの多様化に伴って、インテリアにも柔軟性が必要とされる時代になっているといえるでしょう。

こうしたなか、一人ひとりのお客さまのニーズに応え、その人に合ったインテリアを提案できるインテリアプランナーの需要はますます大きくなっているといえます。

インテリアプランナーの将来性

現在活躍しているインテリアプランナーは、製図や設計、増築、リフォーム、模様替え、住宅設備といったさまざまな知識を持ち併せています。

省エネやバリアフリーなど、時代ごとに重要視されている建築のテーマに精通しているかどうかも、この仕事で活躍するための重要なポイントです。

また、住宅ばかりでなく、店舗(飲食店や物販店)、ホテル、オフィスといった多種多様な種類の建築物について深い知識と経験を持っていることも大切です。

具体的かつ、オリジナリティある提案ができるインテリアプランナーは、より重宝される存在となっていくでしょう。

インテリアプランナーの今後の活躍の場

インテリアプランナーは、インテリアはもちろん、建築に関わる幅広い専門知識まで求められます。

そのため、活躍の場は設計・デザイン事務所のみならず、ゼネコンやハウスメーカーなどまで多岐にわたっており、建築業界全体でインテリアの重要性が認知されるようになってきました。

そのため、社内にインテリア設計に特化した部署を設けたり、インテリアを専門のデザイン事務所に依頼したりするなど、クオリティを重視する風潮が高まっています。

とくに不況の煽りを受けたり、少子高齢化が進み独身者も増えたりしている現代では、新築よりもリノベーションやリフォームへの関心が非常に高くなっています。

既存の建物の良いところを生かしながら、感性やセンス、トレンドを加えて新しい空間を作り出すインテリアプランナーが求められていくでしょう。