インテリアプランナーのやりがい・魅力

インテリアプランナーのやりがい・楽しさ

幅広い知識を持つ専門家として

インテリアプランナーの大きなやりがいは、インテリア・建築の幅広い知識を持ち、この業界の専門家として活躍できるところにあります。

この仕事は「インテリアデザイナー」や「インテリアコーディネーター」と似ているため、仕事内容を混同されることも多いです。

ただし、インテリアプランナーの場合、お客さまの要望をヒアリングしたうえでインテリアの企画に携わり、さらに設計、工事監理までトータル的にプランニングしていく役割を担います。

インテリアの一部分だけに関わるのではなく、建築現場において全体を見ながら、お客さまのニーズに応えていくことができるのが、インテリアプランナーの仕事のやりがいといえるでしょう。

インテリアが形になる喜び

インテリアプランナーの喜びは、頭の中でイメージしていたインテリアが実際に形になったときだといえるでしょう。

インテリアは建築物の印象を決定づけたり、人の生活しやすさに影響を及ぼしたりするものです。

だからこそ、インテリアプランナーがどのような提案をするかによって、お客さまの満足度は大きく左右されるのです。

仕事の成果が出れば、お客さまの喜びの声や笑顔に触れられることも多く、それがインテリアプランナーにとっての原動力となります。

また、インテリアについての知識が深まることによって、自身のライフスタイルをより豊かにすることにもつながるでしょう。

インテリアプランナーの仕事

インテリアプランナーの魅力

さまざまな働き方ができる

インテリアプランナーの仕事は、「建築士」の業務範囲とも重なるところがあります。

実際に両方の資格を取得して働いている人もおり、インテリアと建築の幅広い知識・技術を持ち併せることによって、活躍の幅はさらに広がるでしょう。

会社勤めをするだけでなく、スキルアップすれば独立して働き、生計を立てていくことも夢ではありません。

また、この仕事は年を重ねても働き続けることができます。

インテリアというと若い世代のイメージがありますが、年配の方からの依頼は同世代のプランナーの方が共感を得やすいでしょう。

インテリアプランナーとして経験を積むことで、よりお客さまから信頼されやすくなるという面もあります。

一度知識や経験を身につければ、専門職として、さまざまな働き方ができることもインテリアプランナーの魅力だといえます。

多くの人との出会いがある

インテリアプランナーは、仕事をする上でさまざまな人と出会います。

新居を建てる家族、お店を構える店主、ビルのオーナーなど、多くの人と出会い、実際に話を聞きながらインテリアのプランを練っていきます。

お客さまが違えば扱うインテリアも大きく異なるため、毎回新鮮な気持ちで仕事に臨むことができるでしょう。

また、こうして出会った人から新たな仕事の依頼が舞い込むこともあるため、人との縁を感じられる仕事ともいえます。