ゲームプログラマーの勤務時間・休日

通常時は一般的なサラリーマンと変わらない

ゲームプログラマーは激務のイメージが強い職業ですが、平常時は普通のサラリーマンとそう変わらないスタイルです。

例えば業務時間は8時間、土日休み、年末やゴールデンウィークも休みという企業が少なくありません。

それでも「激務」といわれるのは、納期直前のラストスパート期間のためです。

発売日に間に合わせるために朝から晩までプログラミングに打ち込むことになり、土日出勤や深夜対応に追われることもあります。

このように忙しさに波があるため、日頃の体調管理やモチベーション管理、またもちろん「ゲームが大好き」という気持ちがとても重要な仕事といえるでしょう。

ゲームプログラマーの勤務時間

ゲーム業界は総じて激務

納期前がものすごく忙しくなるのは、どこの業界にもいえることです。しかしながら、ゲームプログラマーの属するゲーム業界はとくに多忙を極める業界でしょう。

ゲームの開発には多大な費用がかかり、多くの関係者が関わるため、納期をずらすことがとても難しいためです。

普段は8時間の定時勤務も可能

納期前の忙しさに比べて、通常時はそこまでの激務ではないため、定時に出社して帰るということも十分できます。

また、ゲームプログラマーは顧客対応がある仕事ではないため、始業時間も比較的遅く、10時以降の出社を認めている会社も少なくありません。

納期直前のハードな期間を除けば、比較的ワークライフバランスを取りやすい職業ともいえます。

ゲームプログラマーの休日

ゲームプログラマーといっても多くは会社に所属するサラリーマンですので、平日に仕事をし、土日はお休みというケースがほとんどです。

例外はプロジェクトが大詰めを迎えたタイミングでしょう。

発売日や納期が迫ってくると、土日返上で働かなければならない状況も出てきます。

福利厚生のしっかりした企業であれば休日出勤の振替として平日に休むことも可能ですが、中小規模の会社の多くはまだまだ労働環境が整っておらず、代休は難しいかもしれません。

ゲームプログラマーの残業時間

ブラック企業の取り締まりや働き方改革によって、残業を削減・禁止する企業も増えてきています。

比較的残業が多いゲーム業界でも、従業員が無理なく働けるよう定時退社を奨励している会社もあるようです。

とはいえ、それはあくまでスケジュールに余裕がある段階の話であり、納期直前の追い込み期間などは残業が常態化しがちです。

また、スマホアプリなどのソーシャルゲームやオンラインゲームの場合、リリース後も新機能を追加したりと業務が続くこともあります。

バグや障害が発生した場合には問題の解決が最優先されるため、どうしても残業が多くなってしまいます。

ゲームプログラマーは忙しい?激務?

繁忙期とそうでない時期がはっきりしているのがゲームプログラマーという職業の特徴です。

繁忙期には深夜残業も当たり前になり、休日出勤が続くこともあるでしょう。

一方でプロジェクトが落ち着いていたり、次の案件を待っている状況では、定時出社・定時退社ができたり、長期の休みも取りやすくなります。

繁閑の時期がある程度分かりやすいので、自分なりに働き方をコントロールして「忙しくない時期は新しい知識を仕入れ、繁忙期の仕事に生かす」といったプランも立てやすいのではないでしょうか。

ゲームプログラマーの休日の過ごし方

ゲームプログラマーは「ゲームが大好き」という方が多いため、休日はお気に入りのゲームをして過ごすのがポピュラーなようです。

あるいは「いまどんなゲームが流行っているか」を街に出てチェックしてみるといった過ごし方もあります。

ゲームの世界は日進月歩で新しい技術が生まれているため、最新のテクノロジー情報を仕入れるなど休日を勉強にあてる人も少なくありません。

ゲームプログラマーの1日のスケジュール・生活スタイル