フラワーコーディネーターの求人状況・就職先の選び方

フラワーコーディネーターの就職先にはどんなところがある?

フラワーコーディネーターの就職先は、幅広くあります。

多くの人は花屋や園芸ショップなどで働いていて、業務内容は就職先によって異なるのが特徴です。

たとえばフラワーコーディネートのみを担当して花束やギフトの制作専門にすることもあれば、接客・販売や花の仕入れなど幅広い業務を担当することもあります。

企業規模も地域密着型の家族経営の小さな店舗から、全国チェーンの大きな企業までさまざまです。

また結婚式場やホテルに直接就職し、ウェディングやイベント専門の装花を担当することもできますし、ディスプレイや空間のデザインを専門に手がける会社に就職することもできます。

仕事内容が幅広いので、「結婚式のフラワーコーディネートだけを専門にやりたい」「フラワーギフトの商品をたくさん作れる花屋で働きたい」など、希望に合わせた就職先を選ぶことが大切でしょう。

将来フリーランスで活躍するために、幅広い業務内容やスキルや知識を身につけられる会社や店舗を選ぶ人もいます。

会社員として正社員で働くだけでなく、契約社員、パート・アルバイト、業務委託など雇用形態もさまざまです。

フラワーコーディネーターの求人の状況

フラワーコーディネーターの求人は多いものの、どちらかというと正社員の求人は少なく、パートやアルバイトが多い傾向にあります。

その理由はフラワーコーディネーターの仕事は忙しい時期がある程度決まっていて、注文が多いときにパートやアルバイトを雇う方が経営的には効率が良いからです。

普段は正社員だけで仕事を回して、母の日やクリスマスなどの繁忙期だけ臨時で人を増やす方が効果的なため、パート・アルバイト社員が重宝されています。

ただし求人募集を見てみると大手花屋のほか、ブライダル企業を中心に全国で正社員募集がかけられているので、探してみると希望の仕事ができる企業が見つかるかもしれません。

企業の中には未経験から応募でき、社内の研修制度が整っているため、一からフラワーコーディネーターとして経験をつめる会社もあります。

最近ではフラワーアレンジメントの人気が高まり、自宅で気軽に花を飾ったり、インターネット通販で遠方の人に花を贈るなど、利用者の幅が広がってきました。

その影響から、フラワーコーディネーターの需要は今後も高まることが予想されています。

企業に限定されずに、「フラワーコーディネーターとしての活躍の場をもっと広げたい!」という思いがある人は、独立開業するのも一つの手です。

開業には特別な資格は必要ではなく、植物を取り扱う知識やスキル、美しく花を組み合わせるセンス、顧客をつかむことができる人脈、経営のノウハウがあれば若くても独立することは可能です。

結婚式場やホテル、レストランなど定期的に案件を発注してくれる企業が周りにあるかどうかが重要なポイントになります。

また実績がなければ依頼をしてもらうのは難しいため、独立開業までに大型案件をいくつか経験しておくことが望ましいでしょう。

フラワーコーディネーターの就職先の選び方

どんな仕事をしたいかをイメージする

フラワーコーディネーターの就職先を選ぶには、「どんな仕事をしたいか」をイメージしておくことが大切です。

ひとくちにフラワーコーディネーターといっても、就職先には花屋や園芸ショップ、結婚式場、ホテル、デザイン会社などたくさんあります。

そこで「地域の人たちに愛されるお店で花の美しさを伝えたい」「結婚式のフラワーコーディネートを専門にしたい」「フラワーギフトをたくさん作りたい」など希望する仕事内容を絞ることが大切です。

たとえば結婚式場で活躍したい人は、ブライダル企業を中心に探すのがよく、空間演出に興味がある人は、デザイン会社を中心に探すのがよいかもしれません。

求人情報には「仕事内容」が掲載されているので、より興味のある仕事ができる会社や店舗を選びましょう。

研修制度の内容や、キャリアプランの具体例を参考にすると、目標とするフラワーコーディネーターに近づけるかどうかのイメージがしやすくなります。

条件面をチェックしておくと安心

またフラワーコーディネーターは繁忙期に残業することが多い仕事なので、残業時間にも注目しておくことがおすすめです。

残業手当や休日出勤手当も注目ポイントで、中には「見込み残業が給料に含まれている」会社もありますが、入社前にきちんと確認しておくと安心です。

さらにワークライフバランスを重視する人は、「休み」や「福利厚生」にも注目するとよいでしょう。

フラワーコーディネーターはイベントが重なる土日に出勤し、休みは平日に交代でとることが一般的ですが、中には完全週休二日制で土日が休みになる会社もあります。

また年間休日日数が124日の会社もあれば、112日の会社もあるので、休みの日数も確認しておきましょう。

福利厚生では、産休・育児休暇制度が整っていることも大切です。

多くの先輩社員が取得していて制度を活用しやすい会社もあるので、仕事をしながら家事や育児と両立したい人は、このような求人情報もチェックしておくこともおすすめします。

フラワーコーディネーターの志望動機・面接

フラワーコーディネーターの志望動機は「花が好き」ということだけではなく、「花を通して誰にどんな喜びを届けたいか」を意識して考えることが大切です。

フラワーコーディネーターは自分の好きな花をアレンジするのではなく、お客さまの希望に合わせて制作し、喜んでもらう必要があります。

その仕事内容を理解した上で、自分が花を通して実現したいことを、しっかり伝えられるようにしましょう。

結婚式場のフラワーコーディネートや、母の日などのフラワーギフトなど、特に力を入れたい仕事内容があれば具体的に加えると、強い志望動機になります。

また面接では、しっかりと受け答えをして、コミュニケーション能力の高さをアピールすることが大切です。

いかに上手にお客さまの希望を引き出せるかというヒアリング能力や、お互いが納得できるプランに導ける交渉術が見られています。

また第一印象をよくするために、身だしなみや服装はしっかり整えておきましょう。

フラワーコーディネーターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

フラワーコーディネーターの就職先を探す方法として、代表的なものは「リクナビ」や「マイナビ」のような求人サイトです。

総合求人サイトで調べるときは、「花業界」で絞り込むだけでなく、「ブライダル業界」も調べてみるのがおすすめです。

また花業界専門サイトもあり、たとえば「花JOB」は日本全国の花屋や生花店のアルバイトから正社員まで、幅広い就職情報がまとめられています。

フラワーコーディネーターの求人情報も見ることができるので、チェックしておくとよいでしょう。

参考:花JOB

小規模な花屋やデザイン会社では、求人サイトではなく公式サイトや店頭で求人募集していることもあるため、気になる店舗の公式サイトを確認したり、実際に足を運んでみるのもおすすめです。

専門学校やスクールでは、さまざまな花屋や企業から求人情報が届けられていたり、紹介してくれる場合もあります。

一般公開されていない求人情報に出会える可能性もあるので、活用するとよいでしょう。