ファイナンシャルプランナーの就職先・活躍の場

ファイナンシャルプランナーの勤務先・働き方の種類

ファイナンシャルプランナー(FP)として生計を立てている人は、大きく「企業に所属して働く人(企業系FP)」と「FPとして専業で仕事をしている人(独立系FP)」の2種類に分けることができます。

企業に属して働く場合は、ファイナンシャルプランナーの資格を取り、ファイナンシャルプランナーの肩書を使いながら企業の一社員として働くことになります。

資格が必須なわけではなくても、資格があると客さまからの信頼も高まることが期待され、資格を取ると昇格したり特別な報酬などがもらえたりする場合もあります。

一方で独立して働くFPは、どこかの企業の製品をセールスするという縛りもなく、お客さまに対して幅広い選択肢を与えられるメリットがあります。

しかしながら、顧客の獲得は自身で行う必要があり、会社の看板なしで勝負しなくてはいけないので、営業力や実力がモノを言う大変シビアな世界です。

ファイナンシャルプランナーの仕事内容

企業で働くファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの約9割が企業で働く

「企業系ファイナンシャルプランナー」といわれる人たちは、金融系企業に所属して、そこの社員として仕事をしている人が多いです。

日本では現状ファイナンシャルプランナーの約9割が企業系FPといわれており、配属先はさまざまですが、営業職などの職種の人がファイナンシャルプランナー資格を持って働いています。

資産運用やローンが必要な商品を販売するうえで、顧客の悩みやニーズを把握し、それぞれに合わせた提案を行うことが期待されています。

金融業界で働くファイナンシャルプランナー

企業系ファイナンシャルプランナーのほとんどが銀行や証券会社・保険会社などの金融機関で働いています。

おもに営業職の人がお客さまに自社商品の提案をしたり、お客さまのライフプランニングをしたりする際に、FPとしての資格や知識をフルに使ってお客さまの悩みを解決していきます。

たとえば銀行や証券会社の場合は資産運用のために株や投資信託・債券などを進めることが多いですし、保険会社では生命保険や学資保険などを進めます。

FPとして身につけた専門知識が業務に直結してくるため、金融業界では入社後、FP資格の取得を必須としている企業もありますし、FPの資格を持っていることで転職時に有利に働きキャリアアップに繋がることもあります。

不動産業界で働くファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーの知識は不動産業界でも生かすことができます。

FPの扱う分野はいくつかに分かれますが、そのなかには「不動産」がありますし、不動産投資や不動産売買には「タックスプランニング」や「ライフプランニングと資金計画」「金融資産運用」といった内容が関わってきます。

また、不動産相続をしたいお客さまに対しては、FPが扱う「相続・事業継承」といった分野の知識が生かせます。

こうしたことから、不動産会社では宅建と併せてFP資格の取得者が歓迎される傾向にあります。

独立して働くファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーのなかには、個人事業主として、あるいは特定の企業に所属せずに独立開業をして法人化し、仕事をする人も存在します。

このようなFPは「独立系FP」と呼ばれ、おもに個人顧客の相談業務を行っています。

それぞれが専門分野を持ち、顧客の相談を受けるだけではなく自身の得意分野を生かしてセミナーの講師をしたり記事を執筆したりすることもありますし、独立して保険代理店業務を手掛ける人もいます。

企業に正社員などの形で勤める以外に、個人で自分の力を試して仕事をしていけることも、独立系FPの特徴です。

「具体的にどのような企業内FPの求人があるのかを知りたい」という人は、転職エージェントに登録しておくとまとめて紹介してもらうことができるため、便利です。

リクルートエージェントは企業内FPの求人も多数保有しており、手厚い転職サポートを受けることもできます。