DTPデザイナーになるための学校(大学、専門学校、スクール)

特別な学校に通う必要がある?

DTPデザイナーは、なるために絶対に必要とされる資格はありません。

特定の学校で学ばなければいけないという仕事でもないため、一般の高校や専門学校、大学などを卒業して、そのままDTPデザイナーとして働き始めることもできます。

しかし、DTPデザイナーは、グラフィックソフトや編集ソフトを扱うためのスキルや、印刷全般に関する知識などが求められます。

こうした知識・スキルは独学で身につけることも可能ですが、効率よく学んでいくために、DTPデザイナー志望者向けの学校へ通うという選択肢もあります。

それでは、DTPデザイナーを目指すうえで、どのような学校があるのか見ていきましょう。

大学

まずは芸術・美術系の大学でデザインを学ぶという道が挙げられます。

美術大学以外でも、デザイン学について学べる大学はいくつかあります。

デザインの基礎となる描写力や造形力、多様なデザイン手法を学べるほか、広く一般教養を身につけていくことができます。

また、大手の広告代理店等は就職試験の応募資格として大卒以上の学歴を掲げているところもあるため、大学へ進学することで就職活動の際の選択肢は広がるでしょう。

専門学校

専門学校であれば、グラフィック系、デザイン系の専門学校が候補となるでしょう。

Photoshop、Illustrator、InDesignなどのグラフィックデザイン、編集に欠かせないソフトのスキルを身につけ、就職を視野に入れて実践的な力を高めていくことを目的としたカリキュラムの学校が多いようです。

専門学校によっては、最近ニーズが高まっているWebデザインについても同時に学ぶことができます。

スクール

民間のスクールでも、DTPデザイナーやグラフィックデザイナーを養成するところがあります。

大学や専門学校に比べて、在学期間が短いところがほとんどで、早ければ3ヵ月程度でひと通りの

デッサンのコツ、デザインに必要な知識と技術のポイントなどを短期的に学びたい人であれば、こうしたスクールの受講を検討してみてもよいでしょう。

スクールによって、さまざまなコースが設置されています。