美容師の勤務時間・休日

美容師の勤務時間

労働基準法では、労働時間は1日8時間週40時間とし、休憩時間も必ず取るように法で定められていますが、これをしっかりと守ることができている美容室は少なく、社会問題にもなっています。

美容室は10時から20時ごろまでの営業が一般的ですが、他の職業のようにシフトで働く美容師はほとんどいません。

朝から夜遅くまで美容師は美容室で働き詰めで、さらに営業時間後に講習や練習をすることも少なくありません。

また、労働時間ではなく技術向上のための残業を強制とする美容室もあり、就労規約で明記されている労働時間と、実際の拘束時間が異なる美容室も多いようです。

日本全国に美容室はたくさんあり、店舗ごとに実態が異なるため、自分でよく確認しておくことが大切といえるでしょう。

美容師の休日

美容師の休日日数

美容師の休日の日数は、月に4日から8日が一般的で、週に1回から2回というところがほとんどです。

休日のほかに有給休暇を設けている美容室も増えており、大きな美容室では有給を消化しやすいように指導されているところもあります。

正規雇用されている美容師であれば、一年目に10日以上の有給を取得することが労働基準法により保証されていますが、有給を取りづらい雰囲気があり、なかなか利用できないという美容室が多いようです。

「面貸し」という働き方

近年人気を集めている「面貸し」という働き方があります。

これは美容室内のセット面を時間などで間借りして仕事をする美容師のことで、お客さまを施術している時間以外の拘束時間がないため、休日を自分で決めることができます。

あくまでも個人で仕事をするため、美容室からの保証は一切ありませんが、独立前に資金を貯めたい美容師や、独立の作業が忙しくて時間があまりとれない美容師、あるいは子育てをしながら美容師をしている人などが、この制度を利用することが多いようです。

美容師の残業時間

美容師は、基本的に店舗の営業時間に合わせて働きますが、前後1時間は、準備や片づけ、ミーティングなどがあるため勤務時間とみなされますが、一般的なサラリーマンよりは勤務時間が長い傾向にあります。

また、閉店後はスキルアップのために講習会を開いたり、練習をしたりと、業務外でありながら美容室内で時間を過ごさなくてはならないことも多くあり、残業というよりも、美容室に拘束される時間がどうしても長くなってしまいます。

美容師の長時間労働は社会問題化しているため、今後是正が期待されますが、美容師を目指す上では長時間労働を覚悟しておいた方がよいでしょう。

美容師は忙しい? 激務?

美容師が忙しいと思われる理由に、仕事以外の拘束時間があります。

お客さまが店内にいる場合は、なかなか技術向上のための練習ができないため、ほとんどの美容師は営業終了後、技術向上のための時間を自分で作らなければなりません。

アシスタント時代のほうが練習時間は長くなりがちですが、スタイリストも講師として時間を拘束され、無給で後輩の指導をすることもあります

練習内容によっては休日を返上して練習する場合もあるのが事実で、どうしても拘束時間が長くなりがちなために激務といわれることが多いようです。

また一日中立ちっぱなしの仕事で、水を扱うことも多いことから、腰痛や手荒れなど身体のトラブルを抱える人も多く、激務という印象が強いようです。

美容師の休日の過ごし方

美容師の休日の使い方

ハードな仕事を日々をこなしている美容師は、休日を休息に利用する人が多いようです。

美容室によっては講習会があったり、店内での練習会を行っていたりして、休みも仕事をしなくてはならない場合があり、自由に休むことができないのが現状です。

身だしなみに気を遣うことも多い美容師は、休日を利用して最新のファッションやヘアスタイルを勉強したり、自らショッピングに出かけたりしてトレンドを学ぶということも多いようです。

仕事とプライベートのバランスが大切

美容業界では、まだまだ昔ながらの古い考えが浸透し、休みなく働くことが美徳として残っています。

とくに見習い・アシスタントの下積み時代やスタイリストになったばかりのときは、熱意と疲労がアンバランスな状態になり、体調を崩してしまうケースもあるようです。

体調不良でお客さまへのサービスがおろそかになってしまったり、スキルアップのための練習ができなくなったりしては本末転倒です。

真面目な人ほど、休日も練習に明け暮れることが多いようですが、体調管理も仕事のうちと考えて、リフレッシュすることも大切です。

美容師の1日・生活スタイル