アパレル店員の働き方の種類とその特徴

アパレル店員の雇用形態

アパレル店員は正社員として働くほか、アルバイトや契約社員で働く人も多いです。

なかには、アルバイトからスタートし、経験と能力を評価され、正社員にステップアップする人も多くいます。

正社員のアパレル店員

正社員でアパレル店員として働く人は、経験や能力により昇格し、エリアマネージャーや店長としてキャリアを積んでいくのが一般的です。

なかには販売の実績をかわれ、商品企画や広報・バイヤー職などの本社勤務となることもあり、キャリアアップや企業内で他の職種を希望する場合は、正社員のほうが有利になります。

新卒採用でアパレルメーカーに就職する場合は、このルートをたどることが多くなります。

一般的に高卒・大卒のどちらでも正社員になることはできますが、会社によっては、高卒か大卒かによって給料に差をつけているところもあります。

派遣のアパレル店員

近年は派遣でアパレル店員として働く人も増えています。

アルバイトと比べれば高い給与を得られることができ、また自分の都合のいい曜日や時間だけ働くなど比較的自由な働き方をすることができます。

また、派遣として働く場合、正社員になるのは難しい大手のブランドや外資系ブランドで働くチャンスもあります。

ただし派遣の場合は即戦力として現場で働くことが求められ、働きぶりが評価されなければ契約を打ち切られてしまうということもあります。

アルバイト・パートのアパレル店員

アルバイトとして働く人も多い

アパレル店員は、アルバイトの求人も多く若い人でも働きやすい仕事だといえるでしょう。

ブランドやショップによって異なりますが、学歴は高卒以上というところもあり、専門学校や大学に通いながらアパレル店員のアルバイトをする人もいるようです。

アパレル店員のアルバイトの求人は、一般のアルバイト求人サイトやアパレル専門の求人サイト、あるいは店舗の張り紙やWebサイトなどでも掲載されています。

アルバイトの仕事内容

アルバイトのアパレル店員の仕事内容は接客やレジ打ちのほか、商品管理や陳列・整頓・タグ付け・掃除などがあります。

社員のスタッフと同じような業務を任されることもあれば、未経験の場合はサポート的な業務からスタートすることもあります。

たとえアルバイトであっても、アパレル店員として店頭に立つ以上は、プロの販売員としてお客さまに接することが求められます。

お客さまから商品について質問されたり、コーディネートについて相談を受けたりすることもあるため、商品のことをよく理解し、できるだけファッションの知識を深めることも大切です。

アルバイトのアパレル店員のメリット・デメリット

アパレル店員になると、自社ブランドの商品を社員割引で買うことができます。

好きなブランドを扱うショップで働けば、通常よりもだいぶ安く洋服を買うことができるため、そこに魅力を感じアパレル店員のアルバイトを始める人もよくいます。

また、流行に敏感になったり、最新のファッションに囲まれて働いたりできることも、洋服好きな人にとっては大きな魅力だといえるでしょう。

さらに、接客業を経験することで社会人になる前にマナーを身につけて、コミュニケーション能力を高めることもできます。

反面、アパレル店員は、基本的に立ち仕事となり、商品の搬入や陳列など意外と体力を要する仕事もあるため、いざ仕事をしてみると、見た目ほどはなやかな世界ではないと感じる人も多いようです。

店舗によっては自分で洋服代を負担して自社ブランドのアイテムを購入し、着用しなくてはならないこともあるため、アルバイトをする際もしっかりと企業やブランドについて調べておく必要があるでしょう。