トレーダーのつらいこと、大変なこと、苦労

緊張感と速いスピードの中で

トレーダーの置かれている環境は、のんびりとした雰囲気とは正反対です。めまぐるしく変動する相場を常に追い続け、お客さまのニーズを把握し、タイムリーな提案につなげていかなければなりません。

まさに1分1秒を争う世界なのです。

ひとたび業務がスタートすれば、1日はあっという間に過ぎてしまいます。しかし、その中でも確実に成果を出していかなければならないため、緊張感はとても大きなものとなります。

スピードの波に飲み込まれないよう、自らアグレッシブに動き続けなければなりません。

常にプレッシャーがある

トレーダーの大変なことといえば、やはり「お金」を扱う仕事であるだけに、プレッシャーが非常に大きいということです。

もし自分が適当な仕事をしたり、知識が足りなくて正しい情報が提供できなければ、お客さまに大損をさせてしまうかもしれないのです。

ですから、日々お客さまの大切な資産運用に関わるという自覚と責任感を持って、仕事に臨む必要があります。

判断力、決断力、精神力、お客さまのニーズを引き出す力、分析力…など、トレーダーに求められるスキルはたくさんあります。しかも、その要求レベルはとても高いものとなります。

トレーダーとしてキャリアアップを目指すのであれば、志を持って努力し続けることが不可欠です。

また、日々の業務をきちんとこなしていくためには、マーケットの仕組みや膨大な専門用語、知識も身に付けていかなければなりません。一見、輝かしく見える金融の仕事ですが、裏ではとても勉強熱心な人が多いです。

生き残るためには競争に勝ち続けなければならない厳しい世界です。