タクシー運転手の勤務時間・労働時間・休日

特殊な勤務体系

タクシーは24時間関係なく営業しているため、タクシー運転手の勤務時間も、デスクワークなどを行う一般的な会社員のそれとはだいぶ異なっています。

1回の出勤につき、朝の8時〜夜中の2時頃まで働く「隔日勤務」という体系が一般的となっており、拘束時間が非常に長いことが特徴です。

上記の時間帯でいうと18時間の勤務時間となりますが、もちろん、この時間すべて働きづくめというわけではありません。

間に3時間程度の休憩をとりますし、お客さまが見つからないときは自動的に休憩のような状態になってしまいます。

とはいえ、出勤日に関しては、拘束時間はとても長くなることが特徴だといえます。

このほか、一部のタクシー会社では昼間だけ、あるいは夜間だけの勤務体系を採用していますが、基本的には朝から夜中まで働くというスタイルとなっています。

休憩の取り方

タクシー運転手は、会社からタクシーを出庫してからは、基本的に個人の裁量で1日走ることになります。

オフィスで働く人のように会社で休憩時間が決められているわけではなく、その日のお客さまの様子や状況次第で、自分で考えながら合間に休憩を取ることになります。

慣れてくれば大体の感覚はつかめるものですが、日によっては長距離の移動ばかりが入ってとても忙しかったり、逆にお客さまがあまり見つからずに暇なこともあります。

この仕事はお客さまありきの商売であり、1日の過ごし方は毎日同じようになるわけではありません。

休日について

先述したように、多くのタクシー会社では、1日に15時間程度働くスタイルをとっています。深夜に勤務が終わった後は「明け」という形になり、その日は丸一日休むことができます。

出勤日の拘束時間は長いですが、1ヵ月の乗車上限時間が決められており、明けも含めると休日は月に17日〜18日ほどあります。

独特の生活スタイルに慣れてさえしまれば、休みはしっかりととることができますし、有給休暇をくっつけて連休をとることも可能です。

個人タクシーの運転手として働く場合は、勤務時間も休日も自由に決めることができます。