入国審査官と入国警備官の違い

採用試験の違い

入国審査官も入国警備官も法務省入国管理局に属する国家公務員ですが、入国審査官が「行政職」であるのに対して、入国警備官は国家の治安を守ることをその職務とする「公安職」となります。

入国審査官になるには、国家公務員採用一般職試験に合格した人で、地域の入国管理局の面接に合格し、数年の法務事務官として勤務経験を積むことが必要になります。

一方で、入国警備官になるには、別途設けられた入国警備官採用試験に合格することが必要になります。

入国警備官採用試験は学力だけでなく、身長、体重、視力などの要件が課せられています。

入国警備官の仕事

仕事内容の違い

入国審査官も入国警備官も、日本に出入国、在留する外国人を管理し、日本の治安を維持するという目的は同じですが、それぞれの仕事内容は大きく異なっています。

入国審査官の主な仕事は、

・港や空港などの国の玄関口において、パスポートやビザを確認する「入国審査」
・在留外国人が不法入国や不法滞在であることが発覚した場合にその審査を行う「違反審査」
・在留外国人が在留期間や目的を変更したい場合にその資格を審査する「在留資格審査」

があげられます。

入国が許可された後の在留外国人を取り締まるのは、入国警備官となります。

入国警備官は、入国管理法に違反していると疑いのある外国人に対して「違反調査」、「摘発」、「収容」、「送還」などを行います。

それぞれ役割は異なりますが、入国警備官が摘発した外国人に対して、入国審査官が疑われる違反について審査するなど、入国審査官と入国警備官が協力して在留外国人の対応を行います。

給与・待遇の違い

入国審査官も入国警備官も国家公務員であり、他の国家公務員同様に福利厚生制度などは充実しているため、安定した生活を期待できるでしょう。

入国審査官の給与には、国家公務員の行政職俸給表(一)が適用されます。

一方、時に危険な業務も担うことがある入国警備官には、公安職俸給表(一)が適用され、行政職の国家公務員よりもやや高い水準で給与額が設定されています。