映画宣伝に向いている人、適性

映画宣伝は多くの人と関わる

映画宣伝に向いている人は、「人間力」がある人といえます。「人間力」というのは、人間的魅力がある人のことです。

映画という商品は、人々の心を動かすサービスです。

2時間前後という貴重な時間をいただき、劇場に拘束されるだけ心動かされる価値を、お客さまにアピールしなければなりません。

邦画の場合は、出演俳優の所属する芸能事務所や、映画の出資社、主題歌や挿入歌のレコード会社、監督、映画製作スタッフ、プロデューサー、音楽家など、膨大な関係者と調整しながら、宣伝を進めていかなければいけません。

洋画の場合は、本国にいるプロデューサーやパブリシストや配給会社とのコミュニケーションと意思の疎通を行いながら宣伝を進める必要があります。

まわりの人々を巻き込んでアピールする

宣伝というセクションは、映画を製作する際にかかわる関係者のほかに、予告編会社、デザイナー、広告代理店などとの交渉、そして、テレビ、新聞、Web、雑誌など、あらゆるメディアと接触し、作品がいかに面白いか、話題性があるかをアピールしていかなければなりません。

そのための仕掛け作り、話題作りに常に頭をひねり、まわりの人々を巻き込んで説得し、実行していかなければならないのです。

多様な経験をし、人間力を高める

ときには、さまざまな弊害に阻まれ、頭で描いていたようにうまくいかないことがたくさんあります。

そのような壁にぶつかっても、へこたれず、解決策を柔軟に見つけ出していくことができる人がもっとも必要とされる人材なのではないでしょうか。

もちろん映画の知識があるに越したことはありませんが、それが決して武器になるということではないのです。

人の心を動かせる強い「想い」と実行力が、まわりをひきつけるためのカギとなる素質です。そのためには魅力的な人間であることが求められます。

学生時代にさまざまな経験をしたり、人より多くのことを貪欲に学び、多くの人と関わり、人間力を高めていけるような人が映画宣伝に向いているといえます。