航空整備士の就職・採用募集状況

大手では定期採用が中心

大手エアライン系列の整備会社では、募集は年に1度定期的に行われています。

学生時代に専門科目を学び、二等航空整備士や一等航空運航整備士の資格を取得した航空専門学校の卒業生を中心に、大学の航空整備コース卒業生などを採用する方法が中心となっています。

航空専門学校には整備会社等からの求人情報が多数届きますが、それは決して100%の就職を保証するものではありませんし、ライバルの多いなかで希望する就職先に入るには、本人の志が何よりも大切となります。

また、JALやANAなどのエアライン本社へ就職して技術系ゼネラリストや幹部を目指したい場合は、4年制大学の理工系学部卒もしくは理工系大学院修士課程を修了していれば、総合職の技術職採用に応募することも可能です。

実力のある人材が求められる

航空業界は不況や各社間の競争激化によるコスト削減が避けられない問題となっており、エアライン各社でも早くから活躍できる優秀な人材を採用したいという思いがますます強くなっています。

そのため、航空専門学校の一部ではJALやANAと提携することで、在学中に「一等航空運行整備士」資格が取得できるコースも登場し、即戦力として働ける人材の育成に乗り出しています。

ベテラン整備士の定年退職や航空機の発着数増加により航空整備士の需要は高まっているものの、目指す人にとってはその状況に甘んじることなく、より強い熱意を持って勉強を続ける姿勢が求められるものと考えられます。

中途採用も実施される

大手エアライン以外の航空会社では、既に航空整備士の資格を持っている経験者の中途採用を行う機会も増えています。その場合、一等航空整備士の資格を持っていれば優遇されるケースが多く、中には二等航空整備士資格でも応募できるところもあります。

技術がそのまま業務に生きる職種であるため、資格を持っていることが就職や転職の際のアピールになることは間違いありません。

公務員としての航空整備士

官公庁や海上保安庁では、資格をすでに持っている人を採用する場合と、社内で整備経験を積ませて資格を取得させていく2つの採用方法があるようです。

陸・海・空で1,000機以上の航空機を所有しているという自衛隊で航空整備士になる方法も考えられます。そのためには、まず入隊する必要がありますが、航空整備士として配属されるとはかぎりません。

ですが、航空整備士の資格を持っている人は配属される確率が上がると言われています。