航空整備士になるには

航空整備士になるには

航空整備士は航空機の整備・点検、修理を行う仕事ですが、数多くの部品が使われた複雑な仕組みの航空機を正しく扱うには、専門知識と確かな技術が必要不可欠です。

そのため、一人前の整備士として働くには訓練や勉強を重ねて国家資格の取得が求められているほか、各整備会社内にも独自の社内資格が置かれ、整備士がスキルアップできる体制をとっています。

航空整備士の資格はいくつもの種類があり、それぞれで整備に関われる機体の種類や業務範囲が異なっています。

無資格で整備会社へ就職するのはほぼ不可能となっており、まずは「国土交通大臣指定航空従事者養成施設」で基本となる資格をとった上で就職し、業務経験を積みながらより上級の資格を目指すのが一般的な道となっています。

また、採用試験では語学力が問われることもあるため、英語も勉強しておくとよいでしょう。

必要な学歴

高校卒業後のルートとして、最も代表的といえるのは航空専門学校に進むケースです。

航空従業者指定養成施設に認定されている専門学校では、在学中に行われる技能審査に合格すると、中小航空機の整備に携われる「二等航空整備士」や「二等航空運航整備士」の国家資格が取得できます。

加えて、近年ではJALやANAと提携することで、より上の資格である「一等航空運航整備士」が取得できる学科・コースも誕生しており、就職後の早い段階から活躍できるようになっています。

また、4年制大学の航空整備コースや大学の理工系学部から、整備会社等への就職を就職を目指す人もいます。

現在ではJALもANAも整備業務の中心は関連整備会社に委託しているため、その整備会社の社員採用試験を受験します。

技術職のゼネラリストを目指す

技術職のゼネラリストや幹部を目指したいのであれば、整備会社ではなく、エアライン本社の総合職技術職を目指す道が考えられます。4年制大学の理工系学部もしくは理工系大学院修士課程修了者であれば、学科を問わずに応募することができます。

年齢制限があることも

大手の航空整備会社や航空機メーカーでは積極的に航空整備士の定期採用を行っていますが、23歳程度を年齢制限としていることも多いです。そのため、4年生大学卒業後に航空専門学校への進学を考えている場合などは注意が必要です。

また、近年ではドクターヘリや防災ヘリなどの需要も増えており、これらの小型機を運航する使用事業会社やヘリコプター運航会社で活躍する航空整備士も数多くいます。

その他、警察や消防、海上保安庁、航空自衛隊などの官公庁に入り、航空整備士を目指すことも可能です。

航空整備士に求められる能力

<機械が好き>
航空機の整備は高度な専門知識を必要とするため、機械が好きで勉強熱心でなければ務まらない仕事です。整備士の資格を取得するには膨大な量を覚えなければならず、かなりの努力が必要です。

<注意力がある>
些細なミスが大事故を引き起こしてしまう可能性のあるため、注意深く、責任感を持って仕事をできるタイプが向いていると言えます。

航空整備士の今後の見通し

航空機はより高度で専門的な技術でつくられるようになり、整備の方法や使用機器も日々変わっています。

また、航空機業界の競争の激化により、航空機整備時間の間隔短縮も迫られている状態です。安全に航空機を運行させるために、航空整備士にかかる責任はより重大なものとなっています。