航空整備士になるための専門学校・大学・学部

航空専門学校

航空整備士になるための学校として、代表的な存在なのが「国土交通大臣指定航空従事者養成施設」に指定されている航空専門学校です。中日本航空専門学校、日本航空専門学校、国際航空専門学校などがあります。

これらの学校では、在学中に中小型機の整備業務ができる「二等航空運航整備士」や「二等航空整備士」の資格取得が目指せるコースがあるほか、2007年からはボーイング767といった大型機の軽微な整備ができる「一等航空運航整備士」コースも登場。

3年間の在学中に学科試験に合格し、JALやANAのグループ会社でインターンシップ実習を経験することで、一等航空運航整備士の資格を持って、インターンシップを受けたグループ会社へ就職できるようになりました。

就職率の高さや、即戦力として働ける力を身につけられるのは、航空専門学校のメリットといえます。とはいえ、専門知識を要する航空整備士の資格はそう甘いものではなく、資格取得に向けては膨大な勉強量が必要なことでも知られています。

特に一等航空運航整備士は難易度が高く、授業以外の時間も欠かさず予習復習を行い、絶対に航空整備士になるという強い意思が必要といえます。

4年制大学の整備コース

2013年3月現在、4年制大学で在学中に二等航空整備士の資格を取得できるのは、「崇城大学 航空整備士コース」のみとなっています。

他にも第一工業大学など「整備コース」を置く大学はありますが、学科試験の合格を目標とするカリキュラムで構成されており、基本的には整備会社等への就職後に二等航空整備士等の資格を目指していくことになります。

ただし、入社後の実習などにすぐ対応できるよう、実習科目も用意されています。

その他

「千葉職業能力開発短期大学校 航空機整備科」では、2年間の教育訓練で二等航空運航整備士の資格取得が可能です。

また、4年制大学の理工系学部や大学院修士課程からJALやANAの総合職技術職採用試験を受け、整備業務に携わることも可能です。ただしこのケースの場合、将来的には航空専門学校や整備コースの卒業生と異なり、技術系の幹部を目指していくのが一般的です。