介護事務の志望動機、面接

志望動機の考え方

介護事務の志望動機は、もちろん人によって異なりますが、大きく分けると「事務経験がある人」と「事務経験がない人」で変わってくるようです。

事務の仕事は、介護事務のほかにも、一般事務、医療事務、学校事務など、さまざまな業界で活躍している人がいます。

過去の事務経験を生かして次は介護の世界で事務をやってみたいという場合、それまでの実務経験は生かせますし、アピール材料にもなります。

その点についての内容が志望動機の中心に置かれることが多いようです。

一方、事務経験がない人、あるいは初めて社会に出て仕事に就くといった人の場合、当然、実務経験をアピールすることはできません。

そのため、この仕事に興味を持ったきっかけから、介護事務としてこういう風に頑張っていきたいというやる気を伝えることがメインとなるでしょう。

いずれの場合でも、「事務」という仕事に対する熱意に加えて、「社会福祉」や「介護」に関する興味関心があることも志望動機を通じて伝えておく必要があります。

超高齢社会の訪れとともに、介護サービスはさらに需要が増していくでしょう。そのような時代の中で、自分は仕事として何がしたいのか、なぜこの世界を志したのか。

介護職ではなくても、直接利用者の方々と接することがある以上、しっかりとその点についても話せるようにしておくことが大切です。

面接で問われること

介護事務の採用試験では、ほぼ確実に面接が行われます。

実際には介護事務としての求人はあまり多くなく、介護福祉士やヘルパーといった別職種との兼任をすることが多いですが、いずれにせよ面接は重視されると考えておいたほうがよいでしょう。

介護福祉士の仕事

介護施設では、大勢の利用者や、そのご家族と接することになります。

人と人とのコミュニケーションで成り立っている世界ですから、「この人になら安心して仕事を任せられる」と思ってもらえなければ、どれだけ頭が良くても採用は難しいでしょう。

自ら介護にも携わるのであれば、なおさら人柄は重視されます。

面接というと緊張する人もいるかもしれませんが、介護事務の面接では、そう難しいことは普通聞かれません。志望動機や実務経験の有無、勤務条件に関する確認などが主な内容となっているようです。

また、面接は熱意や責任感があることを伝えるチャンスの場でもあります。

このような仕事では誠実な人が好まれるため、変に自分を大きく見せようとせず、素直に明るく話すことが大切です。