翻訳家の需要と求人・採用募集状況

正社員は減少の可能性

現在は経済状況のグローバル化で翻訳の需要も高まっていると言われています。特に貿易関連、国際事務の需要は一定分は必ずあるとされており、この分野は一番仕事が見込めるかもしれません。

ただし現在では一般企業は正社員の採用を控えがちであり、会社に帰属する形の産業翻訳者のあり方も今後は変化していくかもしれません。

一般的な労働者で派遣業種や不正規採用なども増えているように、求人はあるとしても、厳しい経済状況を反映して有期制の労働や非正社員という形になってくることが多いでしょう。

翻訳単価は減少の傾向

翻訳単価も今後は一定の高さを保てるかは判断できない所があります。安い単価でも主婦や副業で受ける人が増加しているため、分野によっては値崩れも起こしています。

ネットの普及により仲介サイトや個人への直接注文も増え、海外の日本語ができる人が低単価で参入してくるケースもあります。何らかの専門性や個人の売りとなるものがないと、今後は稼いでいくのが難しいかもしれません。

日本は科学技術や貿易による立国を掲げており製造業も盛んです。そのため特許による収入が世界でもトップクラスになっています。現在でも実務翻訳ではこの特許や、仕様書、契約に関連した需要が一番多く、また稼げるとされており、就職や翻訳の営業活動でも考えるべき分野かもしれません。

求人の探し方

技術翻訳はニーズも高く、ハローワークや求人サイトで翻訳、テクニカル翻訳、執筆などのキーワードなどで探せば出てくるでしょう。ただし現在では正社員ではなく、派遣や契約社員などの募集も増えています。

フリーランスで、その学術分野に詳しい、専門家として知られている、といった場合には自然と仕事がきますが、人脈や実績がなく、業界や出版者に仕事を紹介してくれる知り合いがない場合は翻訳会社に登録するという手段があります。

翻訳会社でトライアルの課題文の翻訳に合格すると登録することができます。「翻訳 求人 トライアル」、「翻訳会社」、「翻訳者 募集」などのキーワードで検索してみましょう。

出版社が直接募集していたり、求人サイトなどで求人がある場合もあります。雑誌やインターネットを駆使して探していればさまざまな情報が得られます。

ただし、本人の能力、需要と分野によっては仕事にも偏りがあり、会社によっては登録しても仕事がくる人は全体の2〜3割というケースもあるそうです。

仕事体験談