秘書の志望動機

人をサポートすることが好き

志望動機として最も代表的なものは、「人をサポートしたい」です。秘書が絶対に忘れてはならないのは、自分はあくまでも上司を助ける存在であるということです。

自分自身が表舞台に立って目立ちたいと考えるのではなく、陰でそっと支えることにやりがいを見出せたり、コツコツと地道な作業をすることが好きだったりする人が秘書を目指しています。

重役の近くで働く秘書は一見華やかに見えますが、実際は不規則な勤務時間であったり、常に人に気を遣わなければならなかったりと、決して楽な仕事ではありません。人を助けることに喜びを感じられるかが、仕事を続けていく上でのポイントとなるでしょう。

幅広い業務をこなすことが得意

秘書は一般事務のようなメールチェックや文書作成、資料のファイリングなどに始まり、接遇スキルが問われる来客対応、また毎日次々と入ってくる予定を上手に調整・管理することなど、さまざまな業務を滞りなくこなさなければなりません。

ですから、一つのことにこだわらず幅広く仕事をしたい人、機転を利かせて臨機応変に対応することが好きな人にはピッタリの仕事です。求められるものが多い分大変なことは多々ありますが、さまざまなスキルを身につけたい人も、この仕事を通じて大きく成長することができるでしょう。

責任の重い仕事がしたい

責任の重い仕事をしたいと考える人もいます。秘書がつく上司たちは、組織にとって大きな影響力のある人物であることがほとんどですから、秘書も業務の中で組織の経営に関わるような情報に触れたり、重役と接したりする機会が多くなります。

重要な情報は口外しないことが必須ですが、それだけ責任の重い仕事に携わることができるのは、秘書ならではといえます。自分の仕事が、組織の存続に直結していると感じられる場面もあるでしょう。

仕事体験談