学校事務の志望動機、面接

教育にも興味を持つことが大切

学校事務の志望動機として多いのは、まず「事務」という仕事そのものに興味があることがひとつ。もうひとつは、教育業界に関わっていきたいということです。

世の中に事務職といわれる仕事はたくさんありますが、学校事務の場合、学校という特別な場所で教育現場を支えていくことになるため、やはり教育に興味を持つことはとても大切だといえます。

たとえば、「なぜ一般的な会社の事務ではなく、学校事務なのか?」という質問に対して、きちんと答えられるようにしておきたいものです。

学校事務はあくまでも裏方としての役割が中心になりますが、一人の職員として「学校づくり」に深く携わっていく存在であることは間違いありません。

子どもたちに関わりながら、一緒に子どもたちの未来を創っていきたいという気持ちを持って、その熱意をしっかりと志望動機に込めるとよいでしょう。

面接を受ける際の心構え

公立学校に勤務する場合、配属先の学校は公務員試験を受けた後に決まりますが、私立の場合は辞めない限り、ひとつの学校でずっと働き続けることになります。

学校によって教育方針などが異なるため、校風に合った人材を採用したいという考え方がなされるようです。

採用試験を受ける前に、きちんと学校の特色などについては調べて納得しておくことが大切です。

どのような種類の学校で働くにしても、学校事務は人間性が重視される仕事です。

面接を通して、任せた仕事を投げ出さずにやり切ることができるか、他の職員たちとうまくやっていけるかなどを判断されます。

教育の世界に携わる一員として、一般常識なども身につけておきましょう。

学校事務の業務範囲は実に幅広いため、少しでも経験がある場合には、どのような仕事ができるのかも聞かれます。

学校事務は人気があり、とくに好待遇の学校は倍率がかなり高くなることもあるため、身につけているスキルは積極的にアピールしてライバルに差を付けたいところです。