映画監督のやりがい

世界中に自分の作品をお披露目できる

映画監督は、自分が全精力を注いで作った作品を全世界に配信するチャンスを与えられた人物です。

長期に渡る撮影期間を終えて、クランクアップをした際は何ものにも代えがたい達成感を感じますが、自分の作品が世界各国の言葉に翻訳されて放映されたときの喜びも想像できないくらい大きなものがあります。

ですから映画監督は、全世界に配信出来るような内容で制作していくことも重要なのです。

現在はインターネットによる配信が普及してきて、自らの作品を全世界に自由に配信するシステムが整ってきましたが、やはり映画館の大画面で放映されるという醍醐味は映画監督ならではでしょう。

自分だけではなくスタッフ全員が満足する作品が完成したとき

映画は、一人だけで作れるものではありません。画面に出る人、影から支える人、撮影には参加しないけれどもPRをがんばる人など、さまざまな人が関わっています。

映画監督としてやりがいを感じるときは、自らが満足する作品が完成したときだけではなく、スタッフ全員が満足する作品が撮れたときだという監督もいます。

映画製作はチーム戦です。全員が良い作品作りに全精力を注いで取り組んだ結果が、世の中で認められたときには喜びと達成感を感じることでしょう。

自分の映画が、観てくれる人にとって特別なものになる

映画監督は自らの想いを映像に託し、作品作りをしていきます。

制作スタッフにとって映画が特別な存在であることはもちろんですが、自分の映画が世の多くの人達にとって特別な存在になったときに大きなやりがいを感じるのです。

インターネットの口コミサイトなどで、

「初デートの時に、2人で観た思い出の映画です」
「落ち込んだ時に、いつも見ています」
「自分と共感できる部分が、たくさんあります」

など書き込みを見ると、心から嬉しくなるといいます。

なぜなら監督自身が、昔映画に心を動かされて監督への道を志した経緯がある場合が多いからです。

自分の作った映画が、観てくれる人にとって特別なものになったときに大きなやりがいを感じることでしょう。