コンサートスタッフの就職、求人募集の状況

大手企業への就職

音響エンジニア、照明エンジニア、ビデオエンジニア、ローディーは、放送局や広告代理店、レコード会社など大手の企業にも採用されています。

しかし、もともと必要な社員数が少ない上に、仕事に慣れたベテラン社員を長く雇用しておきたいため、欠員が出た場合に限って若干数の募集をかけるというスタンスです。

募集する際にも即戦力を求め、新卒者よりも経験者の中途採用を行うことが多いため、新卒者が採用されることは難しいといえるでしょう。

学歴についても新卒者には厳しく、新卒者は大学卒、経験者は高卒以上の条件が出されることがほとんどです。

大手企業への就職を目指すなら、高卒または専門学校卒で中小の制作会社やプロダクションに飛び込み、アシスタントから現場で経験を積みながら、大手企業への転職のチャンスを狙うのが得策です。

ただし、エンジニアの雇用形態は正社員は少なく、契約社員であることがほとんどです。

中小企業への就職

大手企業以外の制作会社やプロダクションが正社員または契約社員としてスタッフを募集する場合、学歴は専門学校卒を条件に掲げるところが多いようです。

同じ企業でも、アルバイトの募集は高卒以上、未経験者歓迎とされている求人情報が多く見られます。

高卒、専門学校卒、どちらでも最初はアシスタントからのスタートですが、学校で学んだ人材の方が基礎知識があるため仕事に慣れやすく、知識の偏りがないため転職する際にも適応しやすいといえるでしょう。

高卒でアルバイトから始め、現場で知識やスキルを習得した後に社員として採用され、一人立ちする人もいます。

派遣会社への就職

コンサートスタッフの中でも受付や設営、警備を行うスタッフは、イベント系の派遣会社から必要な日程だけに派遣されることがほとんどです。

派遣会社への登録は、社会人としてのマナーをわきまえていれば、学歴は問われません。

コンサートスタッフとして派遣される人材は、年齢は20〜30代の若い世代が多く、受付は接客を得意とする女性が、設営や警備は体力に自信のある男性が多い傾向にあります。