バス運転手のやりがい、魅力

限られた人しか運転できないバスを動かせる

大型バスの運転は、この仕事に就くことを目指して、しっかりと努力をした人だけができるもことです。

バスにカッコよさを感じていたり、大きな車を運転してみたいという願望を抱いていた人にとって、バスを実際に自分の手で思い通りに動かせるということは、それだけで至上の喜びだと感じられるでしょう。

バスは幅も高さもあるため、運転していて爽快感があるといわれます。

もちろん、運転するためには技術を身につけなくてはなりませんし、最初は緊張しっぱなしかもしれません。それでも、慣れてくれば制服を着こなして運転することに、快感を味わえるようになるでしょう。

他人と働く煩わしさがあまりない

バス運転手は、基本的に自分一人きりで運転をします。

観光バスや長距離を走る夜行バスの場合、バスガイドが同乗したり、複数の運転手が交代で運転をすることもありますが、路線バスや短距離を走るバスであれば、まず自分以外に会社の人間は一緒に乗りません。

一般的な会社員であれば、大勢の上司・部下や他の部署の人と協力しながら働くため、どうしても人間関係に気を遣わなくてはならない面が大きいですが、バス運転手はその辺りの煩わしさが少ない仕事といえます。

もちろん、営業所に戻って他のスタッフに挨拶したり、コミュニケーションをとる機会もありますが、乗務中に一人で仕事ができることは思っている以上に気楽さを感じられるはずです。

平日や昼間に休むこともできる

バスの運転手の多くは、シフト制で勤務しています。早番の日もあれば遅番の日もあり、担当するバスによっては夜勤となることもあります。

そうなると、必然的に休める時間帯も日によって変わります。

「勤務時間は一定がいい」「必ず土日祝日は休みたい」という人にとっては苦痛かもしれませんが、街が空いている平日に休むことができたり、日中に私用を済ませたりできることにメリットを感じている人も多いようです。