バス運転手の仕事内容

乗合バスと貸切バス

バス運転手は、バスに人を乗せて目的地へと運ぶ仕事です。

バスは、大きく分けると路線バスなどの「乗合バス」と、観光バスなどの「貸切バス」の2種類があります。

「バスを運転する」という点ではどちらの運転手も同じように見えますが、乗合バスの場合、電車と同じように地域住民の足となるため、時間通り、決められたルートを、安全に走行することが求められます。

一方、貸切バスは、観光ツアーや団体旅行、修学旅行などで利用されます。

そのため、同乗する添乗員やバスガイドと協力して車内の雰囲気を盛り上げたり、道路状況によっては走行ルートを変えるなど、状況に応じてさまざまな気配りが必要となります。

運転以外にも仕事がある

バス運転手は、バスの運転だけをしているわけではありません。

会社によって異なりますが、乗務前には車両点検をし、計器やエンジンにトラブルが発生していないかや、タイヤの空気圧に問題がないかなどのチェックなどを行います。

お客さまがすべて降りた後は、車内に忘れ物や異常がないかを確認し、運行後にも車両点検を行います。

また、お客さまが乗車している際にも、車内で具合の悪くなった方がいたり、何かトラブルが起きたら都度対応します。

ただやみくもにバスを運転するだけでなく、お客さまのことを常に気遣いながら、お客さまの安全を守る立場としての活躍が求められています。

長距離を走るバスもある

なかには、高速道路を含めた長距離を走る高速バスの運転手もいます。

高速バスは、バスのなかでもとくに大型の車両となることが多く、400キロやそれ以上の距離を何時間もかけて走り続けることになります。
※夜間に走る高速バスでは、運転手1人あたり400キロかつ9時間を超える運転は原則として禁止されており、2人以上の運転手が乗務する必要があります。

同じバスの運転手といっても、地域密着で決められたルートを定期的に走る路線バスのそれとは、だいぶ仕事の流れが変わるといえるでしょう。