造園施工管理技士の勤務時間・休日

勤務時間

造園施工管理技士の勤務時間は、勤務先によって若干幅がありますが、たいていは8:00~17:00くらいとなるでしょう。

屋外での作業が中心となるため日が出ている時間帯で働くことになり、朝はやや早め、その代わりに夕方には仕事が終わるというのが一般的です。

お昼の休憩が60分程度あるほか、体力を要する仕事であることから、午前と午後にも15分程度の休憩時間が挟まることが多いです。

ただし、造園施工管理技士の資格を持っている人の多くは現場の管理業務を任されることになり、屋外での作業が終わった夕方以降にデスクワークをしなくてはならない場合もあります。

また、担当する現場によって勤務時間がずれ、場所によっては直行直帰ができることもあるようです。

休日

造園施工管理技士の休日については、土・日曜日を休みとする完全週休2日制のところもあれば、日曜のみ完全に休みで土曜日は毎週出勤、あるいは隔週で休みとなる場合などさまざまなようです。

まれに平日が休みとなることもあります。

ゴールデンウィークや夏季、年末年始などは連休をとれる会社が多いでしょう。

いずれにしても、勤務先の会社独自のカレンダーに応じた働き方をすることになります。

残業時間は多い?

造園施工管理技士の残業時間については、会社によってだいぶ違いがあるというのが実情です。

月に20時間以下といったようにほとんど残業がないような職場もあれば、もっと残業が多いところもあるようです。

また、その時々に担当している案件によっても、残業時間は変わってくる可能性があります。

造園施工管理技士はマネジメントのポジションに就くことが多いため、定時で上がりやすい一般の職人に比べると、残業が増えやすいと考えておいたほうがよいでしょう。

最近では、求人情報の記事内にも月間の平均残業時間が明記されている会社が増えているため、気になる人はその点をチェックしておくとよいでしょう。