スポーツインストラクターの勤務先と仕事内容の違い

スポーツインストラクターはおもにフィットネスクラブやスポーツジムに勤務しています。

雇用形態はさまざまですが、仕事の中心はそうした施設の利用者を対象にスポーツの指導とサポートを行うことです。

社員であれば、クラブやジム全体の運営にも関わることもあるでしょう。

また、フリーランスのスポーツインストラクターとして活躍する人もいます。

この記事では、スポーツインストラクターの勤務先と仕事内容の違いについて解説します。

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

スポーツインストラクターの勤務先・働き方の種類

スポーツインストラクターのおもな活躍の場
  • フィットネスクラブ・スポーツジム
  • スイミングクラブ
  • ダンス教室
  • エアロビクス教室
  • 市町村の体育館
  • 公共施設
  • 福祉施設

スポーツインストラクターの活躍の場は、おもにフィットネスクラブやスポーツジムです。

会社との契約内容によって正社員・契約社員・アルバイトなどの違いはありますが、仕事の中心は、そうした施設の利用者を対象にスポーツの指導とサポートを行うことです。

スポーツインストラクターの仕事例

カウンセリング
新しく利用者が来ると、最初にカウンセリングをします。

クラブに入会する理由や目的、身体の状態などについて話を聞き、その人に適したトレーニングメニューを作成します。

最初の指導
メニューに沿って運動の仕方や器具の使い方などを指導していきます。
2回目以降の指導
勤務時間が決まっているため、基本的にはその勤務時間内に利用者への直接指導を行います。

また社員であれば、同時にクラブやジム全体の運営にも関わり、利用者向けの運動プログラムを考えるほか、生徒の募集やイベントの企画や準備・フロント業務・事務作業・アルバイトの管理などを分担して行います。

スポーツインストラクターの仕事内容

フィットネスクラブ・スポーツジムで働くスポーツインストラクター

フィットネスクラブとは、さまざまなスポーツができる施設でおもに室内プールを備えた施設のことです。

プールのないトレーニングルームのみの施設の場合はスポーツジムやスポーツクラブと呼ばれます。

どちらの場合も、大手の場合はさまざま設備を備え、多様なメニューが揃えられているため、スポーツインストラクターには幅広い知識が求められます。

スポーツインストラクターは

  • その人の年齢や目的に合った運動の仕方を提案する
  • 利用者が安全に運動を行えているかの監視する
  • 事故や怪我がないように指導する
  • メンタル面のケアをする

といったことも求められます。

場合によっては複数のメニューを担当することもあり、高い運動能力が必要な仕事です。

フィットネスクラブやスポーツジム以外では、スイミングクラブ・ダンス教室・エアロビクス教室などで専門的な知識を生かして働く人もいます。

市町村の体育館や公共施設で働くスポーツインストラクター

近年は健康ブームによって、

  • 市町村の体育館
  • 公共施設
  • 福祉施設

で働くスポーツインストラクターもいます。

公共施設の場合、フィットネスクラブやスポーツジムよりも多様な年齢や目的の人が訪れるため、一人ひとりに合った提案やアドバイスをしていくことが大切です。

また、健康増進のためだけでなく、保健師や栄養士など他の職業と連携し、ケガや病気をした人のための生活改善やリハビリなどに取り組むこともあります。

公共施設で働く場合でも、スポーツインストラクターの場合は公務員ではなく契約職員やアルバイトなどの雇用形態が多くなります。

フリーランスで働くスポーツインストラクター

フリーランスのスポーツインストラクターとして活躍する人もいます。

ユニークな指導法や熱心な指導で人気が出ると、契約料が上がりあちこちのスポーツクラブを掛け持ちする人もいます。

自分でスクールを開講したり、個人と契約し個別の指導をしたりしてより幅広く活躍するスポーツインストラクターもいます。

スポーツインストラクターの勤務先と仕事内容の違いのまとめ

スポーツインストラクターの活躍の場は、おもにフィットネスクラブやスポーツジムですが、公共施設などで働く方もいます。

フィットネスクラブやスポーツジムで働く場合、大手の場合はさまざま設備を備え、多様なメニューが揃えられているため、スポーツインストラクターには幅広い知識が求められます。

公共施設の場合、フィットネスクラブやスポーツジムよりも多様な年齢や目的の人が訪れるため、一人ひとりに合った提案やアドバイスをしていくことが大切です。