歯科衛生士に必要な身だしなみは? 髪色・ネイル・メイクに決まりはある?



歯科衛生士に必要な身だしなみは?

歯科衛生士が働く職場は、歯科医院や病院、保健センター、福祉施設など、医療や福祉にかかわる現場です。

患者さんや施設利用者の口の中に直接触れて処置する仕事のため、衛生面がもっとも重視されます。

よって業務中の身だしなみには、華やかさ・おしゃれさよりも「清潔感」が求められます。

患者さんとコミュニケーションをとることも多い歯科衛生士の身だしなみが行き届いていなければ、勤務先の歯科医院の印象も悪くなってしまいます。

たとえアットホームな職場であっても医療機関であることを忘れず、清潔感のある身だしなみを心がけるようにしましょう。

髪色・ネイル・メイクに決まりはある?

歯科衛生士には清潔感のある身だしなみが不可欠ですが、髪色・ネイル・メイクに具体的な決まりがない職場も多いです。

とはいえ、衛生面への配慮が求められる医療現場では、スタッフの見た目の印象もよいものでなければいけません。

歯科医院や病院での勤務にふさわしい、患者さんに好印象を与える身だしなみをご紹介します。

歯科衛生士にふさわしい髪型・髪色は?

髪型と顔色は、その人の印象を大きく左右します。

髪が長い場合は後ろで一つに束ねるなど、バサバサと落ちてこないようしっかりまとめましょう。

華やかなパーマやサラサラのストレートヘアは素敵ですが、歯科衛生士として患者さんのそばについたときに髪がかかってしまうと衛生上よくありません。

とくに歯石・歯垢の除去をおこなうときは患者さんとの距離が近くなり、髪をまとめていないと患者さんの顔に触れて不快な思いにさせるため、きちんとまとめることが大切です。

常にマスクを着用する仕事なので、前髪が長すぎると表情が分からず、患者さんに怖い印象を与えてしまいます。

目にかかるほど前髪が長い場合はヘアピンでとめるか切るようにしましょう。

髪色は自由としている職場も多いですが、明るすぎる色は医療現場にふさわしくないので、ナチュラルで落ち着いたカラーがおすすめです。

男性の歯科衛生士の場合は、なるべく短い髪型が好印象です。

前髪が目にかからないようにし、女性と同じく派手なカラーリングは避けましょう。

ナチュラルメイクが基本

社会人の女性にとってメイクはマナーだと言われますが、歯科衛生士も例外ではなく、基本的にはメイクをして勤務しましょう。

ただし、医療現場なので派手なメイクは避けるのが無難です。

一方、ノーメイクだと疲れた印象を与えるため、メイクが苦手な人も基本的なベースメイクとポイントメイクは習得しておくとよいでしょう。

歯科衛生士は、健康的に見える程度のナチュラルメイクが理想です。

日々のスキンケアを入念におこなってベースメイクの質を上げると、ナチュラルメイクでも明るい印象になります。

アイシャドーはブラウン系やベージュ系、リップは薄づきのものを選ぶと肌馴染みがよく、患者さんにもよい印象を持ってもらえます。

ネイルは素爪に近い色を選ぶ

近年はジェルネイルの流行もありネイルアートをしている女性が増えています。

整えられた長い爪にストーンが施されたネイルは華やかですが、歯科衛生士が勤務する医療機関や福祉施設にはふさわしくない場合が多いです。

ネイルアートに馴染みのない世代の患者さんもいるため、実際には不潔でなくても、清潔感に欠けると感じる人もいます。

また、爪が長いとグローブが破れてしまったり、患者さんの口内を傷つけたりする可能性があります。

歯科衛生士の業務に支障が出ることもあるので、ネイルに関する決まりのない職場でも爪はなるべく短く切りそろえ、ベージュやピンクなど素爪に近いカラーを選びましょう。

医院によっては目立たない色でもネイル自体を禁止しているところもあるので、事前に確認することが大切です。