精神保健福祉士の勤務時間・休日

精神保健福祉士の勤務時間

精神保健福祉士の勤務時間は、9:00~17:00前後に設定されている職場がほとんどです。

精神福祉士の代表的な職場である精神病院などの医療施設でも、また福祉施設や行政施設でも、患者や施設利用者からの相談対応がおもな仕事になるため、日中の勤務が基本となります。

とくに公的機関に勤める場合は、地方公務員としての勤務体系が適用されますので、日々の勤務リズムはかなり固定的です。

ただし、行政施設のなかでも、短期入所事業(ショートステイ)や宿泊形式の自立訓練を行う施設に勤める場合は、夜勤を含むシフト制の勤務体系となるケースもあります。

同じように、民間のグループホームなどでも、夜間の緊急時に対応できるようにするため、交代で宿直業務が発生するようです。

精神保健福祉士の休日

精神保健福祉士の休日は、職場によって事情が異なります。

精神病院などでは、外来を受け付けていない土日祝日でも、入院患者やその家族からの相談に対応する必要がありますので、シフト制で働くケースが一般的です。

一方、同じ医療施設のなかでも、精神科クリニックなど、外来患者のみに対応する職場では、水曜日と日曜日といったように、勤務先の定休日に合わせて毎週固定の休みとなります。

福祉施設や行政施設では、公務員に準じて基本的には土日が休みの完全週休二日制となりますが、市民に向けた保健福祉関係のイベントを企画運営するために、土日に出勤することも少なくありません。

精神保健福祉士の残業時間

精神保健福祉士は、勤務先によって多少の差はあるものの、総じて残業の少ない職業といえます。

とくに公的機関に勤める場合は、施設の営業時間があらかじめ定まっているため、残務処理さえスムーズに終えられれば、ほぼ毎日定時で帰宅することも可能であるようです。

病院などの医療施設で働く場合でも、医師看護師などの医療職とは違って、緊急にこなさなければならない仕事が発生するケースは少なく、残業時間はかさみにくいといえます。

ただし、施設規模に対してスタッフ数が少ない職場の場合、根本的に人手が足りていないために、一人あたりの仕事量が多くなり、残業しないと仕事がまわらないというケースも散見されます。

就職先を選ぶ際には、できれば事前に施設を見学し、勤務実態や職場の雰囲気などについてスタッフからヒアリングしておいたほうがいいかもしれません。

精神保健福祉士は忙しい? 激務?

精神保健福祉士は、そこまで忙しい職業とはいえませんが、職場の事情はさまざまですので、なかには激務に追われやすいところもあるようです。

たとえば病院の場合、スタッフ同士のチームワークが悪い職場は、患者の転院や家族への連絡といった情報伝達がうまくいかないために、急な仕事に振り回されるケースがあります。

また、精神保健福祉士の仕事に対する理解が浅い職場も要注意であり、本来の業務に関係のない経費処理などの雑用を押し付けられて、仕事が積みあがるケースもあります。

明らかに自分に非がないのに激務に追われ続けるという場合は、職場を移ることを検討するべきかもしれません。

精神保健福祉士の休日の過ごし方

精神保健福祉士の休日は、ゆっくり家族や友人と過ごしたり、レジャーに出かけて気分転換することもある一方、自己啓発や仕事の準備に充てるケースも少なくありません。

関連する福祉系資格の勉強をしたり、担当する患者の訓練プログラムを考えたり、障がい者に関する地域の集まりに参加したりと、仕事に関連したことで休日を過ごす人が目立ちます。

精神保健福祉士になる人は、元から社会福祉に関心が高いため、仕事とプライベートが密接に関連し合うことも多いようです。

精神保健福祉士の1日のスケジュール・生活スタイル