生活相談員になるためにはどんな学校や大学に行けばいい?

生活相談員になるための学校の種類

生活相談員になるためには、国家資格である「社会福祉士」や「精神保健福祉士」が必要です。

これらの資格を取得する方法はいくつかあり、代表的な方法は社会福祉系の4年制大学へ進学するルートです。

このほか、社会福祉系の短大を卒業していれば、養成施設で学び、相談援助業務の実務を1~2年積むことで「社会福祉士」や「精神保健福祉士」の資格取得ができます。

また、無資格で介護施設などに就職し、相談援助の実務を4年間積み、養成施設で学ぶことで、必要な要件を満たすこともできます。

このように、いろいろな道が選択できるものの、これから高校を卒業するのであれば、社会福祉系の大学に進むことが最も国家資格を取得する近道となるでしょう。

生活相談員になるには

生活相談員になるための大学

大学へ進学するのであれば、生活相談員になるために必要な「社会福祉士」「精神保健福祉士」を取得可能な社会福祉系の4年制大学へ通うのがよいでしょう。

社会福祉系の4年制大学であれば、卒業すれば上記国家試験の資格要件を得られます。

社会福祉系の4年制大学の学費は、1年間の授業料平均額が70~80万円ほどで、入学金や施設費を含めると初年度は130万円前後、4年間で約400万円程度の学費が必要になります。

生活相談員になるための短大、専門学校

専門学校や短大を卒業しただけでは、社会福祉士や精神保健福祉士の国家試験受験要件を満たしません。

卒業後、養成施設へ通い、さらに相談援助業務を1~2年積む必要があります。

社会人であれば、現職の仕事との兼ね合いで実務要件を満たせなかったり、養成施設へ通う時間がなかったりと、なかなか資格取得に至らない場合もあるようです。

短大の学費は、授業料のみで平均70万円前後、入学金や施設費を含めると初年度は110万円前後の金額が必要と考えられます。

社会福祉系の専門学校の学費は、初年度合計120万円前後が平均といわれています。

生活相談員の学校選びのポイントは?

生活相談員の学校選びのポイントは、「社会福祉士」や「精神保健福祉士」を取得するための科目が履修できるかどうかです。

同じ社会福祉系の大学でも、異なる国家資格取得を目指す学校もあります。

まずは、「社会福祉士」や「精神保健福祉士」の資格取得を目指した学部であること、卒業すれば資格取得のための要件を満たすかどうかをチェックすることが大切です。

短大や専門学校へ進む場合でも、「社会福祉士」「精神保健福祉士」を取得するための科目がどれくらい履修できるかなどを見ておく必要があります。

また、養成施設ではどの科目が履修できるかや、資格要件を満たせるができるかどうかも調べておきましょう。

生活相談員になる道はひとつではありませんから、自分がどのようなキャリアを築いていきたいのかをよく考えて学校選びをすることが大切です。