管工事施工管理技士の勤務時間・休日

勤務時間

管工事施工管理技士の勤務時間は、勤務先によって異なりますが、たいていの会社では9:00~18:00くらいに設定されています。

60分程度の休憩時間があり、1日の労働時間は7.5時間程度が一般的です。

ただし現場を管理する場合には、その時々の担当現場によって勤務時間が若干前後することもあります。

基本的は日勤の仕事となり、朝から夕方頃まで働くことになります。

管工事施工管理技士は現場の責任者になることが多いため、現場の職人のように自ら手を動かすというよりも、ときに役所などへ書類を提出に行ったり、外部機関との打ち合わせなどに参加することもあります。

会社によっては直行直帰が認められており、自宅と現場を直接往復することも可能です。

休日

管工事施工管理技士の休日は、土・日曜日が休みの完全週休2日制となっている会社が多いようです。

このほか祝日も休みとなり、さらに夏季休暇、年末年始休暇、ゴールデンウィーク休暇などでは3日~5日程度の連休を取得できるでしょう。

担当案件の施工期間中に有給休暇を取ることは難しいですが、案件がひと段落して比較的落ち着いている時期には、まとめて休みを取れるような職場もあるようです。

残業について

管工事施工管理技士の残業時間は月に20時間~30時間程度となっている人が多いようですが、勤務先や担当案件によっても変わってくるでしょう。

人手不足の現場では、一人の管工事施工管理技士が多くの業務量を抱えているケースもあり、残業がかなり多くなることもあるようです。

ただし、コスト削減のためにもできるだけ残業時間を削減しようという動きは業界全体で活発になっており、効率的に仕事を終わらせられるような組織体制を作っている企業も増えているようです。

それでも、突然のトラブルなどで残業が発生する場合はあるため、残業手当の支給状況なども事前に確認しておくことをおすすめします。