自動車整備士の勤務時間・休日

自動車整備士の勤務時間

一般的な勤務時間

勤務時間は職場によって変わってきますが、整備工場や町工場などは9:00~17:00頃を就業時間としているケースが多いです。

ディーラーの場合は、朝10時営業開始としている店舗が多く、就業時間はそれに合せ9:30~18:00頃を定時としているケースが多いです。

実働時間としては、間に約1時間の休憩を挟み、1日の労働時間は実働7時間30分~8時間程度が目安となっています。

整備士もお客さまを相手にする仕事でもありますので、基本的には店舗の営業時間やお客さまの予定に合せて出勤する必要がでてきます。

シフト制や不規則な勤務時間になることも

昨今は朝早くから夜遅くまで営業しているディーラーやガソリンスタンドなどもあり、さらには急な故障などの発生に備えて、24時間体制で整備士が出勤している整備工場などもあります。

そのような職場では、「シフト制」の交替勤務を採用しているケースが多く、早番として朝早くに出勤する日や、遅番で夜勤が発生することもありえます。

自動車整備士の休日

ディーラーの整備士の休日

ディーラーの場合は、週休2日制、もしくは月6日〜8日のシフト制で休みを設定している会社が多く、年間休日は105日~110日程度が目安となってきます。

多くのディーラーは、月・火を定休日、それ以外の日は土日・祝日も含め営業日としている店舗が多いです。

整備士の休日は、基本的には店舗の営業日に合わす形となりますので、土日・祝日は出勤となり、月曜日や火曜日の定休日に休む形となります。

飲食業などと同じく、土日・祝日はむしろ稼ぎ時となりますので、基本的にはあまり休めないと思っておくのが賢明でしょう。

一方で、ゴールデンウイーク・夏季(お盆)・年末年始などは、長期休業に入るディーラーが多いですので、客商売の割には長期休暇が取りやすい傾向にあります。

ただし、中小のディーラーや独立系のディーラーなどの中には、ゴールデンウイークや年末年始もほぼ休まず営業している店舗もありますので、一概にはいえない部分もあります。

整備工場・町工場の整備士の休日

整備工場や町工場の場合は、一般的なサラリーマンと同じように、月~金の平日は出勤、土日・祝日は休日としている職場が多いです。

とくに、店頭を持たずお客さまが頻繁に出入りしないような整備工場や、規模の小さい地域の町工場などですと、そのような休日形態としている工場が目立ちます。

整備工場や町工場も、ゴールデンウイーク・夏季(お盆)・年末年始などには、長期休暇が取りやすい傾向にあります。

ただし、整備工場や町工場は、職場によって環境はさまざまです。

中には、人手が足りておらず休日が不定期になる整備工場や、24時間体制のシフト勤務を採用している整備工場などもありますので、こちらも一概にはいえない部分もあります。

自動車整備士の残業時間

整備士の残業時間のおおよその目安としては、1日当たりの残業時間は約1~2時間、月当たりの残業時間としては約20~40時間が平均的なようです。

ただし、残業時間は職場によっても大きく変わってきます。

常連客相手に細々と運営している町工場などであれば、ほぼ残業ゼロのような職場もあります。

一方で、客入りの多い人気ディーラーや大型の整備工場などであれば、多くの仕事が舞い込み、毎日長時間残業が続くこともあります。

また自動車整備の仕事には波もあり、2~4月頃の繁盛期は整備の仕事が増える傾向にあるため、残業時間もおのずと増えやすくなります。

自動車整備士は忙しい?激務?

自動車整備士の繁盛期は、2~4月頃となります。

この時期は、新入学・新入社・転勤などで車を購入する人が増え、またディーラー側も決算のためセールスに追い込みを掛けますので、車の販売台数が増えやすい時期です。

それに伴い、「車検」や「オプション部品の取り付け作業」なども舞い込んできますので、営業職だけでなく自動車整備士にとっても忙しい時期となります。

その他にも、「7月や12月のボーナス商戦時期」、「9月の中間決算時期」、「真冬のスリップ事故の多い時期」なども繁盛期となりやすいです。

そのような繁盛期は整備の仕事が大きく増えますので、普段あまり忙しくない職場であっても、長時間残業の毎日となることもあります。

整備士は身体を使う仕事ということもあり、たとえ1時間残業が増えただけでも身体に掛かる負荷は馬鹿にできないほど大きくなります。

繁盛期は身体を壊さないように体調管理を徹底する必要も出てきます。

自動車整備士の休日

自動車整備士には、やはり車やバイクが好きな人が多く、休日は愛車でドライブをしたり、仲間とバイクでツーリングを楽しんだりする人が多いようです。

一方で、普段仕事で身体を酷使する分、休日はインドアな趣味で静かに身体を休めたり、家族とゆったりと過ごすという人もいます。

また、上位の整備士資格などを取得するために、試験前には休日を使って勉強に励む人もいます。

自動車整備士は平日が休日となることが多いため、いかに平日を生かした自分なりの休日の過ごし方を見つけられるかが、充実した整備士生活をおくる上でポイントとなってくるでしょう。

自動車整備士の1日のスケジュール・生活スタイル