女性のITアーキテクトのキャリアパス・結婚後の生活

女性のITアーキテクトの現状

ITアーキテクトの中で、女性が占める比率はそれほど高くありません。

ITアーキテクトは男女差が強く現れるタイプの仕事ではありませんが、ITに関して高度な知識と多くの案件経験が必要です。

そのため、結婚などの理由による退職や休職が男性よりも多い女性は、ITアーキテクトを目指す上で不利だからです。

しかし、最近は女性のエンジニアが増えてきていることや、主流のシステムがオンプレミスのシステムからWebシステムに移行していることもあり、Web系エンジニアの多い女性も今後はITアーキテクトが増加すると見られます。

採用においても男女による差はありませんので、志望者が増えれば自然と女性のITアーキテクトは増えるようになるでしょう。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

女性のITアーキテクトの強み・弱み

女性のITアーキテクトにとっての強みは、「関係者の印象がよい」ということです。

女性のITアーキテクトは少ないこともあり、相手に顔を覚えられやすく、また男性と比べて物腰が柔らかなために良い印象をもってもらえます。

また、「女性はITに弱い」という世間のイメージとのギャップからも印象に残りやすく、相手側の担当者が女性の場合も信頼を得やすいです。

普段、ITが苦手な女性との接点も多いことから、説明や補足も丁寧で気が利き、コミュニケーションも円滑になる傾向があります。

一方で体力面では男性ほどの無理が利かないために短納期の作業には弱く、また男性の多い現場では知らないうちにストレスをためやすいため注意しましょう。

ITアーキテクトの結婚後の働き方・雇用形態

ITアーキテクトは待遇もよく、結婚後も働き続ける女性が多いです。

出産にあたってはどうしても休む必要があるため、その場合は進行中の案件を同僚に引き継いで休職し、必要に応じて連絡を取り合います。

家庭との両立を考慮して時短勤務を認める会社もありますし、業務負担を軽減するために案件の主担当からは外し、なるべく定時で帰れるよう配慮する会社もあります。

雇用形態を変更することは少ないですが、働く時間や出社日数などに融通が利くように個人事業主として業務委託を受けるケースはあります。

ITアーキテクトは高い専門性があることから、本人の希望があれば一度退職したとしても、復職はそれほど難しくありません。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

ITアーキテクトは子育てしながら働ける?

会社にもよりますが、一般的にITアーキテクトはそれほど残業の多い職種ではありません。

そのため、子育てをしながらでも十分に働くことが可能です。

また、ITアーキテクト人材を引き止めるために、育児休暇や一時的な休職なども前向きに対応してくれる会社も多いです。

その他にも、フレックスタイム制や変形労働時間制など、さまざまな雇用形態で対応したり、有給利用の推進や、子供の看護休暇を充実させ、仕事と家庭を両立できるように対応する企業が増えています。

学習時間の減少や対応できる案件数の減少から、仕事に関して同僚に遅れを取っていると感じる場合もありますが、一時的なもので子供の成長とともに落ち着くでしょう。

ITアーキテクトは女性が一生働ける仕事?

ITアーキテクトは高い知識と技術が求められる仕事ですが、逆にそれだけの知識と技術があれば職場に困ることはないでしょう。

ITを利用するための枠組みを作るのがITアーキテクトの仕事である以上、ITのニーズがあるところにはITアーキテクトの仕事があるため、仕事としても安定しています。

必要なら、ITアーキテクト以外にもSEや社内SEITコンサルタントなどに職種を変更することも可能です。

第一線で活躍を続けるには、常に現場で感覚を維持し、最新の情報に触れる必要がありますので、できるだけ休職期間を作らないよう工夫しましょう。

逆に、現場に身を置き続けさえすれば、一生働くことも十分可能な仕事です。