義肢装具士の求人状況・就職先選びのポイント

義肢装具士の就職先にはどんなところがある?

義肢装具士は医療職でありながら技術職でもあり、かつ医療現場ではなく会社で働く人が多いという、少し特殊な職業です。

求人についても義肢装具製作会社が募集していることが一般的で、医療現場の求人は比較的少ない傾向にあります。

会社で働いていくと、通常のサラリーマンと変わらないスタイルでの仕事になることもありますし、営業についての話が出てくることもあります。

義肢装具士としてどのような仕事をしていきたいのか、働き方をしていきたいのかをしっかりとさせておくと、数多くある会社の中でも自分に合わせた会社を選びやすくなるでしょう。

また、義肢装具士は会社員であるケースが多いですが、病院で働く義肢装具士がいないわけではありません。

医療現場で仕事をしたいというこだわりがあるのであれば全国に目を向けて職場を探して見るとよいかもしれません。

義肢装具士の求人の状況

義肢装具士の資格を所持している人はまだそれほど多くありません。

それだけに希少価値があるともいえますので、就職のときには有利です。

給与面や勤務地、そのほか待遇など譲れない条件がたくさんある場合は一概に言えませんが、そうでなければ就職先を見つけることはそこまで難しい職業ではありません。

ただし、義肢装具士の資格取得者は年々増加している傾向にあるので、今後競争率が厳しくなっていく可能性はあります。

義肢装具士の就職先の選び方

義肢装具士としての就職先を選ぶ際には、まず会社に就職するのか、それとも病院など医療施設に常駐することを希望するのかを決める必要があります。

医療施設に常駐する場合、患者さんと密にコミュニケーションをとり、ひとりひとりに親身になって仕事にあたることができます。

しかし、実際の義肢や装具の作成は外注となってしまうことも多く、製作にしっかりとたずさわりたい場合は向かない可能性があります。

一方会社に就職した場合、訪問を通しての患者さんとのコミュニケーションや、義肢や装具の製作などバランスよくたずさわることができます。

しかし、営業や事務処理など、付随業務も多く、メイン業務以外に時間を取られてしまうという点も考慮が必要です。

また、会社に就職する場合は、その会社がどのような分野に注力しているのかを調べておくと良いでしょう。

義肢や装具の世界は大変幅広く、かつ奥が深い世界です。

自分はどのような器具を作りたいのか、あるいはどのような患者さんの力になりたいのかをよく検討し、それに合った会社を選ぶ必要があります。

義肢装具士の志望動機・面接

義肢装具士として働くためには、履歴書の提出や面接など、一般の就職活動と同様のプロセスをふむ必要があることがほとんどです。

なぜこの仕事を選んだのかの他に、会社の場合、同業他社ではなくその会社でなければいけない理由についても触れることができると好印象でしょう。

また、義肢装具士の特徴として、医療者としてのコミュニケーション力と、職人としての技術力の両面が必要になるという点があります。

そのため、志望動機や自己PRを述べる際には、この両面に言及する必要があります。

義肢装具士の志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

雇用主によっては、一般的な求人サイトやハローワークなどに求人を出しているケースもあります。

あるいは、医療職専門のサイトなどものぞいてみる価値はあるでしょう。

病院や大手企業の場合、公式サイトで直接求人募集を出していることもありますので、希望する施設や企業がある場合はチェックしておきましょう。

義肢装具士という仕事は特殊な専門職であり、就職先の選択肢が豊富にあるわけではありません。

病院に常駐したい、この装具に特化して取り組みたいなど、どうしても譲れない条件がある場合には、それ以外の条件で妥協する必要がある可能性もあります。

例えば、自分の居住地域だけでなく全国を視野に入れて探し、条件に合う就職先があれば移住するという選択肢も考えられます。