芸者の給料・年収・収入

歩合制も多い

置屋の中には歩合制をとっているところもあります。

つまり、宴席に出た分だけ、給料が発生するというわけです。

1回の宴席で客が一人の芸者に支払う金額は5万円ほど。

そこから置屋がマージンとして「看板料」と諸費用を差し引くと、実際、芸者が手にする収入は時給で2~3千円以上になります。

ちなみに芸者の時給のことを「玉代」といいます。

中には玉代6000円という芸者もいるようです。

また、宴席での拘束時間は2時間ほどです。

宴席は毎日あるため、スキルを積んで多くの宴席に出られれば月収20~30万円ほどになります。

チップの扱いは?

宴席に出ると時に客から直接チップをもらうこともあります。

これも一種の「玉代」であると考えられ、そのまま持ち帰って差支えないとしている置屋がほとんどです。

金額はもちろんまちまちですが月収をはるかに上回る金額が得られることもあります。

芸者にとっては大きな収入源になっていると考えていいでしょう。

見習いは無給の場合も

半玉と呼ばれる見習いの間は給料が発生しないのが一般的です。

その代わり、衣食住にかかる全ての費用、稽古、着物、髪結い、化粧にかかる費用は全て置屋が負担してくれます。

また置屋によっては1~2万円程度のお小遣いがもらえる場合もあります。

給料が発生しないとはいえ、一人前の芸者になるまでに数千万円の費用がかかることを考えると、好待遇であるといえるでしょう。

ただし、最近では見習いでも給料が発生し、自活をさせる置屋も出てきています。

半玉という立場ではなく、研修中の芸者という扱いをした上で給料を支払う勤務形態も主流になりつつあります。

その場合、時給は2500円ほどになります。

支出も多い

一般的な時給に比べ、玉代はかなり高額。

そのため、非常に高収入の職業であると考えられがちですが、着物や髪結い、化粧にかかる費用や稽古にかかる費用が自己負担であることも珍しくありません。

また、実力がなければ宴席に出られる回数も当然少なくなります。

収入の面から考えても厳しい世界であることは理解しておくべきでしょう。